読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

レトロゲーム回顧録その53 頭脳戦艦ガル

クソゲー。 つまらない、やってられない、そもそもなぜ作ったというようなゲームに対して使われる言葉である。 クソゲーという言葉を作ったのはみうらじゅんだと言われているし、彼自身も自分が命名者であると言っている。そんなみうらじゅんが最もクソだと…

レトロゲーム回顧録その52 R-TYPE LEO

1992年に、アイレムが誇る人気シューティングゲーム(STG)最新作!との触れ込みで登場したR-TYPE LEO(以下LEO)だが、100円を投入してインストカードを呼んでいると、なんか違う感じのゲームだと感じた。 そもそも、R-TYPEをR-TYPEたらしめていたのは、自…

レトロゲーム回顧録その51 トワイライトシンドローム(探索編・究明編)

PlayStationとSEGA SATURNが「次世代ゲーム機戦争」の名のもとで競っていた時期、よく雑誌の付録に体験版が入っているディスクがついてきていた。あの頃はまだゲーム機がネットに繋がっていなかったので、体験版はそういう形で配布されていたのだ。 その時代…

レトロゲーム回顧録その50 ゼビウス

小学生の頃、どうしてもやりたくて仕方ないゲームがあった。シューティングゲーム(以下STG)の歴史を変えたと言われる伝説のゲームであり、ファミコンに移植され大ヒットを飛ばしたナムコの縦スクロールSTG「ゼビウス」である。 ゼビウス [FAMILY COMPUTER]…

レトロゲーム回顧録その49 スーパーマリオ ヨッシーアイランド

大学生の頃、年間50本ほどゲームを買っていたゲーム馬鹿であった自分は、当時出ていた主要ハードはひと通りそろえていた。とはいえ、PC-FXやネオジオは流石に持っていなかったが、PlayStation、SEGA SATURN、NINTENDO64を持っていた。 1996年のNINTENDO64発…

レトロゲーム回顧録その48 アウトラン

1990年代、ゲームセンターが明るく綺麗になり、アミューズメント施設とかアミューズメントスポットとかなんとか言われ始めた時代、それまでのちょっと危ない雰囲気だった「ゲーセン」はだんだん無くなりつつあった。 自分も高校生の時によく会津若松の「ロイ…

レトロゲーム回顧録その47 ストリートファイターII

中学生の頃、シューティングゲームばっかりやっていた自分を虜にしたベルトスクロールアクション「ファイナルファイト」は、ゲーム業界に多大な影響を及ぼし、世の中ベルトスクロールアクションだらけになった。 だが、セーラムーンだろうがシンプソンズだろ…

レトロゲーム回顧録その46 ファイナルファイト

中学生の頃、いつものように「グラディウスII」や「R-TYPE」でもやろうかと思って、地元のゲームコーナーに行った時のことだった。入ってすぐの筐体から昨日までは無かった効果音が聞こえてきた。 「ぬおぉぉぉぉぉ!」 横スクロールアクションのようだが、…

レトロゲーム回顧録その45 ファイナルファンタジーVI

憧れのSFC 高校時代、それまで住んでいた町から会津若松に引っ越して、母と一緒にアパート暮らしをすることになった。ファミコンは実家に置いてきたので、その時代は家でゲームをすることができず、専らゲームはゲーセンが主だった。 本当はスーパーファミコ…

レトロゲーム回顧録その44 ファイナルファンタジーIII

ファミコン最後のFF スーパーファミコン発売を11月に控えた1990年4月に、ファイナルファンタジーIII(以下FF3)は発売された。 ファイナルファンタジーIII 出版社/メーカー: スクウェア 発売日: 1990/04/27 メディア: Video Game 購入: 2人 クリック: 30回 …

レトロゲーム回顧録その43 ファイナルファンタジーII

怪我の功名(マジな意味で)。 中学生の頃、スキーで転んで靭帯を傷めたことがあった。 生まれて初めての松葉杖。最初の1週間くらいは学校に行くことも出来ず、ギブスでガチガチに固められた左足のおかげで、日常生活にも多大な影響を及ぼしていた。 動くと…

レトロゲーム回顧録その42 里見の謎

こいつはヤバイ雰囲気がするぜぇ。 さて、このブログ開設当初からやっているシリーズ「レトロゲーム回顧録」もめでたく42回目を迎えた。 え? 全然キリがよくないって? そうなんです。でも、42というとなんとなく日本語では不吉な予感が漂う数字。四十二と…

レトロゲーム回顧録その41 空手道

元祖?格闘アクション。 中学生の頃、ゲームコーナーに通いまくっていた自分だが、1つ問題があった。それは、財政難だ。 なにせ、中学生の頃のお小遣いは月3000円。ゲーム1プレイの料金は100円である。当時の自分は、なるべく長く遊ぶために友達と交代でプレ…

レトロゲーム回顧録その40 R-TYPE III THE THIRD LIGHTNING

初のコンシューマ専用R-TYPE。 R-TYPEIIのリリースから4年後の1993年、アーケードゲームにおけるシューティングゲーム(以下STG)は斜陽の時代を迎えていた。 1990年に「雷電」というヒット作が出た縦スクロールSTGはともかく、1993年には横スクロールSTGは…

レトロゲーム回顧録その39 R-TYPE II

帰ってきたR。 1987年にリリースされた「R-TYPE」は、アイレム史上最大のヒットを飛ばしたのみならず、後のあらゆるゲームに影響を与える大きなインパクトを残した。当然のことながら、ユーザーは続編を期待した。業界に革命を起こしたと言っても過言ではな…

レトロゲーム回顧録その38 スーパースターフォース 時空暦の秘密

真のスターフォース 1980年代。ファミコンがブームになり、当時の小学生はコロコロコミックや少年ジャンプなどから発信される新作ゲームソフトの情報に色めき立っていた。 そんな中でも、ドラクエ以前のファミコンゲームの王者は紛れも無くハドソンだった。…

レトロゲーム回顧録その37 イメージファイト

探し求めたあの頃。 「R-TYPE」の大ヒットにより、硬派なシューティングゲーム(以下STG)も作れる会社であることを証明したアイレムが、今度は縦スクロールSTGに挑戦して生み出したのが、この「イメージファイト」だ。 イメージファイト [WiiUで遊べるPCエ…

レトロゲーム回顧録その36 メタルブラック

かつて花形ジャンルだったシューティングゲーム。 自分が子供の頃、ゲーセンの王者は間違いなくシューティングゲーム(以下STG)だった。 まだアップライト筐体ではなくテーブル筐体が主流で、平面のモニターが蛍光灯の光を反射して見難くなるので、ダンボー…

レトロゲーム回顧録その35 スターウォーズ

遠い昔、遥か彼方の銀河系で… 現在、映画「スターウォーズ」の最新作、「フォースの覚醒」が絶賛公開中だ。だが、残念ながら会津若松には映画館がなくなってしまったのと、その他諸々の事情ですぐには見に行くことは出来ない。 スターウォーズは本当に大好き…

レトロゲーム回顧録その34 ボンバーキング

謎の丸超シリーズ。 ファミコン時代、最強のサードパーティとして名を馳せた、今は亡きハドソンが1987年に発売した、「丸超シリーズ」の第1弾ソフトが、「ボンバーキング」である。 ※ちなみに、第2弾は「ファザナドゥ」第3弾は「桃太郎伝説」である。共通項…

レトロゲーム回顧録その33 出たな!!ツインビー

1985年にアーケード(以下AC)で「ツインビー」の第1作がリリースされて以来、ファミコンを中心に続編が作られてきたが、グラディウスシリーズが矢継ぎ早にACでも続編が作られたのに対し、「ツインビー」は、ACでの正当な続編はなかなか開発されなかった。そし…

レトロゲーム回顧録その32 クロックタワー

1995年、ヒューマンから「シネマティックライブシリーズ」の第3弾として発売されたホラーゲームが、「クロックタワー」だ。 クロック タワー 出版社/メーカー: ヒューマン 発売日: 1995/09/14 メディア: Video Game クリック: 16回 この商品を含むブログ (8…

レトロゲーム回顧録その31 バットマンリターンズ

「昔のキャラゲーに当たりなし」 一部の奇跡的な作品を除いて、この金言に間違いはない。その数少ない例外の一つが、コナミが1993年に放った、ベルトスクロールアクションゲーム「バットマン・リターンズ」である。 バットマンリターンズ 出版社/メーカー: …

レトロゲーム回顧録その30 F-ZERO

任天堂が放った16ビット機であり、誰もが知っている国民的ゲーム機スーパーファミコン(以下SFC)。その栄えある同時発売ソフトはご存知「スーパーマリオワールド」と、この「F-ZERO」であった。 www.youtube.com F-ZERO 出版社/メーカー: 任天堂 発売日: 1990…

レトロゲーム回顧録その29 スーパーマリオワールド

初代「スーパーマリオブラザーズ」が発売されて、今年で30年だそうだ。それを記念して任天堂によるスペシャルサイトもオープンしている。 <a href="http://www.nintendo.co.jp/mario30th/" data-mce-href="http://www.nintendo.co.jp/mario30th/">スーパーマリオブラザーズ30周年</a>www.nintendo.co.jp なんだか25周年記念の「スーパーマリオコレクション スペシャルパ…

レトロゲーム回顧録その28 月風魔伝

✳︎以前投稿した記事ですが、不具合があったので、削除して再掲しました。 「月風魔伝」は、1987年にコナミから発売された(コナミ曰く)アクションRPGだ。 月風魔伝 出版社/メーカー: コナミ 発売日: 1987/07/07 メディア: Video Game クリック: 7回 この商品…

レトロゲーム回顧録その27 ツインビー

コナミの定番シューティングといえば、横スクロールシューティングゲーム(STG)のグラディウスシリーズだが、縦スクロールのシリーズもいくつか出している。その中でも、最も有名なのは、この「ツインビー」だろう。 www.youtube.com ツインビー 出版社/メー…

レトロゲーム回顧録その26 ゾイド 中央大陸の戦い

ゾイド。 80年代に小学生時代を過ごした男の子なら、知らない人はいないんじゃないかというくらい、当時はゾイドが流行っていた。 …というのは言い過ぎかもしれないが、とにかく自分の周りでは大流行していた。友達がみんな一つは何かしらのゾイドを持ってい…

レトロゲーム回顧録その25 ウィザードリィ

1981年、コーネル大学の学生だったロバート・ウッドヘッドとアンドリュー・グリーンバーグの二人によって作られたコンピュータRPGの元祖が「ウィザードリィ」だ。 元々はAppleIIで動くパソコンゲームだった。 www.youtube.com それをファミコン(以下FC)に移…

レトロゲーム回顧録その24 極上パロディウス〜過去の栄光を求めて〜

「パロディウスだ!〜神話からお笑いへ〜(以下パロディウスだ!)」の4年後、更におふざけがパワーアップしてパロディウスが帰ってきた。それが「極上パロディウス〜過去の栄光を求めて〜(以下極上パロディウス)」である。 極上パロディウスだ! DELUXE PACK …

レトロゲーム回顧録その23 パロディウスだ!〜神話からお笑いへ〜

超絶難度の「グラディウスIII 〜伝説から神話へ〜(以下グラディウスIII)」がアーケード(AC)にリリースされたその数ヶ月後の1990年4月に、まるで毛色の違うゲームが、同じコナミによってリリースされた。 それこそが「パロディウスだ!〜神話からお笑いへ〜(…

レトロゲーム回顧録その22 悪魔城伝説

コナミの誇る高難度アクションゲーム「悪魔城ドラキュラ(以下ドラキュラ)」シリーズ。その中で、唯一自分のお金で買ったことのあるファミコンソフトが「悪魔城伝説」である。 悪魔城伝説 出版社/メーカー: コナミ 発売日: 1993/02/05 メディア: Video Game …

レトロゲーム回顧録その21 スーパーマリオブラザーズ3

「スーパーマリオブラザーズ3(以下マリオ3)」は、我が町に出来た唯一の中古ファミコンショップで買った。値段はたしか2500円程度だったと思う。箱も説明書も綺麗な状態で付いていたので、今にして思えばいい買い物だった。 スーパーマリオブラザーズ3 出版社…

レトロゲーム回顧録その20 ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(以下ドラクエIV)」は、珍しく発売日に買うことが出来たドラクエということで、自分の中では特別な印象がある。 ドラゴンクエストIV 出版社/メーカー: エニックス 発売日: 1990/02/11 メディア: Video Game クリック: …

レトロゲーム回顧録その19 ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(以下ドラクエIII)」は、「社会現象としての発売日の行列を、初めて巻き起こしたファミコンソフト」といっても過言ではないだろう。 ドラゴンクエストIII 出版社/メーカー: エニックス 発売日: 1988/02/10 メディア: Vi…

レトロゲーム回顧録その18 ドラゴンクエストII 悪霊の神々

「ドラゴンクエストII 悪霊の神々(以下ドラクエII)」は、割と早い時期に買ってもらえた。発売日と同時ではなかったが、1ヶ月も経っていなかった頃に買ってもらったと記憶している。 あまりに嬉しかったから誰かに自慢したかったが、近所に誰も自慢できる人…

レトロゲーム回顧録その17 スーパースターソルジャー

1987年にNECホームエレクトロニクスから発売されたPCエンジンは、実質ハドソンのハードと言ってもいいくらいハドソン主導で進められた。 PCエンジン 本体(白ボディ) 【PCエンジン】 発売日: 1987/10/30 メディア: Video Game クリック: 29回 この商品を含む…

レトロゲーム回顧録その16 ヘクター87

80年代後半にすっかり夏の恒例行事になった、ハドソンによる全国キャラバン。その1987年の公式ソフトだったのが、「ヘクター87」だ。 ヘクター87 出版社/メーカー: ハドソン 発売日: 1987/07/16 メディア: Video Game クリック: 1回 この商品を含むブログ (1…

レトロゲーム回顧録その15 スターソルジャー

小学生の頃、いつだったかのコロコロコミックで、ファミコンのスターフォース、つまり「ハドソンの作るスターフォース」の続編が開発中であることを知った。その名もスーパースターフォース。 その時の誌面がどんな感じだったのかは殆ど覚えていないが、その…

レトロゲーム回顧録その14 スターフォース

「スターフォース」は、確か何かのテストの成績が良かったので、お母さんが買ってくれたんだったと思う。コロコロコミックなんかで、もうどういうゲームかは知っていたので、欲しくて欲しくて仕方がなかったのだ。 というわけで、「なにかゲームを買ってあげ…

レトロゲーム回顧録その13 ファイナルファンタジー

いまや、ドラゴンクエスト(以下ドラクエ)と並ぶ国民的RPGとなった「ファイナルファンタジー(以下FF)」の一作目が出たのは、自分が小学生の頃だった。 ファイナルファンタジー 出版社/メーカー: スクウェア 発売日: 1987/12/18 メディア: Video Game 購入: 1…

レトロゲーム回顧録その12 スーパーマリオブラザーズ

「スーパーマリオブラザーズ(以下スーパーマリオ)」を手に入れたのは、発売されてからしばらく経った後だった。正確な時期は覚えていないが、発売から半年は経っていたと思う。なにしろ、凄いブームを巻き起こしていて、なかなか田舎のおもちゃ屋では手に入…

レトロゲーム回顧録その11 R-TYPE

中学生時代、我が町のゲームコーナーでグラディウスIIの攻略に励んでいた頃、もう一つのゲームにもハマっていた。シューティングゲーム(STG)にありがちな、銀色を基調とした金属的なグラフィックスに加えて、それとは対照的な極めて生物的なグラフィックスが…

レトロゲーム回顧録その10 Jリーグエキサイトステージシリーズ。

シーズン前の風物詩、富士ゼロックススーパーカップも終わり、2015年のJリーグがいよいよ始まる。 J1は今シーズンから再び2ステージ制に戻る。なにかと不安要素のつきまとう「改革」ではあるが、もう決まってしまったことは覆せない。Jリーグ設立当初のよう…

レトロゲーム回顧録その9 ソロモンの鍵

ゲームが好きと言っても、ありとあらゆるジャンルをやるわけではないし、当然苦手というか、あまり積極的にプレイしないジャンルもある。 自分の場合は、シミュレーションとパズルはあまりやらない方だ。テトリスやぷよぷよで、落ちものパズルの大ブームが来…

レトロゲーム回顧録その8 MOTHER

「エンディングまで泣くんじゃない」 「綺麗なお姉さんは、好きですか」などで有名な、一倉宏の手による「MOTHER」のキャッチコピーだ。 【なつかCM】 ファミコン MOTHER (エンディングまで泣くんじゃない) - YouTube マザー 出版社/メーカー: 任天堂 発売日…

レトロゲーム回顧録その7 グラディウスIII -伝説から神話へ-

グラディウスIII -伝説から神話へ- (以下III)の話を初めて聞いたのは、友達が自分の町から電車で一時間ほど離れた、ちょっと大きな町のゲームセンターに行ってきた次の日の事だった。折しも、グラディウスII(以下II )が住んでいた町のゲームコーナーに入荷し…

レトロゲーム回顧録その6 グラディウスII -GOFERの野望-

中学生時代、自分の住んでいる町に初めて中古ソフトが買えるファミコンショップが出来た。月のお小遣いが3000円程度だった昭和の子供にとって、中古ショップの開店は福音であった。中学生時代に遊んだファミコンソフトの8割はこのお店で買ったと言っても過言…

レトロゲーム回顧録その5 グラディウス

「1985 ウチュウガマルゴトヤッテクル」で有名なグラディウスであるが、今年はそのアーケード版が出て30周年の記念の年だ。というわけで、PS4のアーケードアーカイブスでも配信が始まったのだが、リリースしたのは株式会社ハムスターで、コナミではない。 PS…

レトロゲーム回顧録その4 魔神英雄伝ワタル外伝

ファミコンのキャラゲーは、出ている数が半端ないだけあって、一般的にクソゲー扱いされているゲームが多い。 例えば、Ζガンダムホットスクランブルとか 機動戦士Zガンダム ホットスクランブル - YouTube 忍者ハットリくんとか 忍者ハットリくん ノーマルプ…