読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

レトロゲーム回顧録その53 頭脳戦艦ガル

クソゲー。 つまらない、やってられない、そもそもなぜ作ったというようなゲームに対して使われる言葉である。 クソゲーという言葉を作ったのはみうらじゅんだと言われているし、彼自身も自分が命名者であると言っている。そんなみうらじゅんが最もクソだと…

レトロゲーム回顧録その52 R-TYPE LEO

1992年に、アイレムが誇る人気シューティングゲーム(STG)最新作!との触れ込みで登場したR-TYPE LEO(以下LEO)だが、100円を投入してインストカードを呼んでいると、なんか違う感じのゲームだと感じた。 そもそも、R-TYPEをR-TYPEたらしめていたのは、自…

レトロゲーム回顧録その51 トワイライトシンドローム(探索編・究明編)

PlayStationとSEGA SATURNが「次世代ゲーム機戦争」の名のもとで競っていた時期、よく雑誌の付録に体験版が入っているディスクがついてきていた。あの頃はまだゲーム機がネットに繋がっていなかったので、体験版はそういう形で配布されていたのだ。 その時代…

【ゲームレビュー】アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝【ネタバレ】

最初にアンチャーテッドを買ったのは、2007年の事だった。PlayStation3を購入した後、なにかやるのないかな〜?くらいの気持ちで購入したのだ。パッケージ裏には「Playする映画」と書かれていた。 正直、その頃の自分は「映画的演出」とは、ムービーがバンバ…

レトロゲーム回顧録その50 ゼビウス

小学生の頃、どうしてもやりたくて仕方ないゲームがあった。シューティングゲーム(以下STG)の歴史を変えたと言われる伝説のゲームであり、ファミコンに移植され大ヒットを飛ばしたナムコの縦スクロールSTG「ゼビウス」である。 ゼビウス [FAMILY COMPUTER]…

レトロゲーム回顧録その49 スーパーマリオ ヨッシーアイランド

大学生の頃、年間50本ほどゲームを買っていたゲーム馬鹿であった自分は、当時出ていた主要ハードはひと通りそろえていた。とはいえ、PC-FXやネオジオは流石に持っていなかったが、PlayStation、SEGA SATURN、NINTENDO64を持っていた。 1996年のNINTENDO64発…

レトロゲーム回顧録その48 アウトラン

1990年代、ゲームセンターが明るく綺麗になり、アミューズメント施設とかアミューズメントスポットとかなんとか言われ始めた時代、それまでのちょっと危ない雰囲気だった「ゲーセン」はだんだん無くなりつつあった。 自分も高校生の時によく会津若松の「ロイ…

丸亀製麺のアプリお得過ぎワロタwww

いつの間にか丸亀製麺のアプリがリリースされていた。 丸亀製麺 Toridoll. Corporation フード/ドリンク 無料 AppStoreの「人気検索」に丸亀製麺と書いてあったから気がついたのだが、リリースされたのは6月4日のようだ。 このアプリ、クーポンがやたらお得…

レトロゲーム回顧録その47 ストリートファイターII

中学生の頃、シューティングゲームばっかりやっていた自分を虜にしたベルトスクロールアクション「ファイナルファイト」は、ゲーム業界に多大な影響を及ぼし、世の中ベルトスクロールアクションだらけになった。 だが、セーラムーンだろうがシンプソンズだろ…

レトロゲーム回顧録その46 ファイナルファイト

中学生の頃、いつものように「グラディウスII」や「R-TYPE」でもやろうかと思って、地元のゲームコーナーに行った時のことだった。入ってすぐの筐体から昨日までは無かった効果音が聞こえてきた。 「ぬおぉぉぉぉぉ!」 横スクロールアクションのようだが、…

レトロゲーム回顧録その45 ファイナルファンタジーVI

憧れのSFC 高校時代、それまで住んでいた町から会津若松に引っ越して、母と一緒にアパート暮らしをすることになった。ファミコンは実家に置いてきたので、その時代は家でゲームをすることができず、専らゲームはゲーセンが主だった。 本当はスーパーファミコ…

レトロゲーム回顧録その44 ファイナルファンタジーIII

ファミコン最後のFF スーパーファミコン発売を11月に控えた1990年4月に、ファイナルファンタジーIII(以下FF3)は発売された。 ファイナルファンタジーIII 出版社/メーカー: スクウェア 発売日: 1990/04/27 メディア: Video Game 購入: 2人 クリック: 30回 …

炊飯器買い換えたら人生変わるぞ!(誇張)

先日、炊飯器を買い換えた。何故かと言うと壊れたからだ。 それまで使っていた炊飯器は7年前に買ったパナソニック製の「SR-HE101P」という炊飯器だった。 3段IH搭載で大火力で炊けるというのがウリだった。既に当時圧力系の炊飯器と真空炊き系の炊飯器は存在…

【ネタバレ】「スターウォーズ フォースの覚醒」やっと見られたよ!

やっとというかついにというか、スターウォーズの新作「フォースの覚醒」を見ることができた 本当なら映画館に観に行きたかったのだが、あいにく会津若松にはもう映画館がない。一番近くて1.5時間くらい離れた郡山市に映画館があるのだが、ちょっと娘もまだ…

レトロゲーム回顧録その43 ファイナルファンタジーII

怪我の功名(マジな意味で)。 中学生の頃、スキーで転んで靭帯を傷めたことがあった。 生まれて初めての松葉杖。最初の1週間くらいは学校に行くことも出来ず、ギブスでガチガチに固められた左足のおかげで、日常生活にも多大な影響を及ぼしていた。 動くと…

Combiのヌードルカッターを買ったら外食がすんげー捗ったZE☆

先日、Combiのヌードルカッターを買った。 娘は最近、麺類を食べるようになった。流石に蕎麦は食べさせていないのだが、ラーメンとかうどんは食べさせている。その時に、普通の状態だと長過ぎるので、短く切って食べさせているのだが、今までは指とか箸で切…

【ゲームレビュー】朧村正DLC 元禄怪奇譚 ファンなら買い。それ以外は…

本エントリは、下記のエントリの続きのようなものである。未読の方は是非一読願いたい。 potatostudio.hatenablog.com 朧村正がPSVitaに移植される際に、同時に4本のダウンロードコンテンツ(以下DLC)が出ると発表された。それが、この元禄怪奇譚シリーズだ…

ダンボーバッテリー買ったよかわいい。

今年のゴールデンウィークは、お久しぶりにお泊りでのお出かけがある。 ウチの場合、妻も自分もわりとスマートフォンのヘビーユーザーだ。 元々は自分が最初にiPhone4を2010年に買い、2011年にロンドンに旅行に行った際に大活躍していたのを見て、妻もiPhone…

【ゲームレビュー】朧村正(Wii版・Vita版対応)刮目せよ! 平成の豪華絢爛絵巻!

衝動買いしちゃいました。 2009年4月にWiiでマーベラスがパブリッシャーとなって発売され、2013年にPSVitaに移植された「朧村正」だが、最近になってPSストアで半額キャンペーンをやっていたのでDLCごと買った。 朧村正+元禄怪奇譚 DLC 全四篇プロダクトコー…

Zoffのメガネケースがオシャレでなかなかグッド!

満身創痍。 娘が歩けるようになり、色々隠していたものを発掘して見つけられるようになった。 もう、どこに隠していても、娘の手の届く範囲に物があると娘の餌食である。頼りなさ気な感じで手を出したかと思うと、がっしり掴んで歩いて別の場所に運んでいく…

神よ、クリア重視に逃げたこのチキンシューターを許し給え…

ダラバーはいいぞ。 以前にもレビューとかいいながら殆ど昔話みたいなエントリを書いた「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ(以下ダラバー)」であるが、とてもとても楽しい。 DARIUSBURST CHRONICLE SAVIOURS 出版社/メーカー: 角川ゲームス 発売日:…

自分で自分を更新するのがやめられない! Fitbit One使用レビュー

※AppleWatchを買う前の話です。 己を知れ。 数年前から、ライフログに非常に興味を持っている。例えば、どこかに行けばSwarmでチェックインしたり、Twitterに「◯◯なう」的なことを書き込んだりしている。 そして、2年前に体調を著しく崩してからは、活動量計…

レトロゲーム回顧録その42 里見の謎

こいつはヤバイ雰囲気がするぜぇ。 さて、このブログ開設当初からやっているシリーズ「レトロゲーム回顧録」もめでたく42回目を迎えた。 え? 全然キリがよくないって? そうなんです。でも、42というとなんとなく日本語では不吉な予感が漂う数字。四十二と…

タニタのデジタルクッキングスケールを買ったらすごい普通! 普通だったよ!

測りたいんです。 今住んでいるアパートに引っ越してきた時、家財道具を結構ニトリで揃えた。その中にクッキングスケールもあった。妻がスケールはあったほうがいいと主張したからだ。名前はドラスティックだとかドレテックだとかそんな名前のメーカー製だっ…

レトロゲーム回顧録その41 空手道

元祖?格闘アクション。 中学生の頃、ゲームコーナーに通いまくっていた自分だが、1つ問題があった。それは、財政難だ。 なにせ、中学生の頃のお小遣いは月3000円。ゲーム1プレイの料金は100円である。当時の自分は、なるべく長く遊ぶために友達と交代でプレ…

レトロゲーム回顧録その40 R-TYPE III THE THIRD LIGHTNING

初のコンシューマ専用R-TYPE。 R-TYPEIIのリリースから4年後の1993年、アーケードゲームにおけるシューティングゲーム(以下STG)は斜陽の時代を迎えていた。 1990年に「雷電」というヒット作が出た縦スクロールSTGはともかく、1993年には横スクロールSTGは…

iPhoneに読んだ本を覚えてもらおうこんな世の中じゃポイズン。

本屋あるある。 ここ数年、まったく雑誌を読まなくなり、漫画はすっかりコミックスが出るまで待つ派になってしまった。 昔は、本屋にぶら下がっているコミックスの発売予定表みたいなのを見て、どの本が何日に発売になるかを把握して、発売日にきちんと買い…

レトロゲーム回顧録その39 R-TYPE II

帰ってきたR。 1987年にリリースされた「R-TYPE」は、アイレム史上最大のヒットを飛ばしたのみならず、後のあらゆるゲームに影響を与える大きなインパクトを残した。当然のことながら、ユーザーは続編を期待した。業界に革命を起こしたと言っても過言ではな…

君は、音がパペパプー♪なグラディウスを知っているか。

レトロゲームってどこからレトロなの? 珍しくこのブログ開設当初から続いているシリーズに「レトロゲーム回顧録」がある。自分が昔遊んで、面白かったりつまらなかったり、とにかく印象に残った思い入れのあるゲームを紹介するシリーズだ。 大学生の頃は年…

レトロゲーム回顧録その38 スーパースターフォース 時空暦の秘密

真のスターフォース 1980年代。ファミコンがブームになり、当時の小学生はコロコロコミックや少年ジャンプなどから発信される新作ゲームソフトの情報に色めき立っていた。 そんな中でも、ドラクエ以前のファミコンゲームの王者は紛れも無くハドソンだった。…

レトロゲーム回顧録その37 イメージファイト

探し求めたあの頃。 「R-TYPE」の大ヒットにより、硬派なシューティングゲーム(以下STG)も作れる会社であることを証明したアイレムが、今度は縦スクロールSTGに挑戦して生み出したのが、この「イメージファイト」だ。 イメージファイト [WiiUで遊べるPCエ…

レトロゲーム回顧録その36 メタルブラック

かつて花形ジャンルだったシューティングゲーム。 自分が子供の頃、ゲーセンの王者は間違いなくシューティングゲーム(以下STG)だった。 まだアップライト筐体ではなくテーブル筐体が主流で、平面のモニターが蛍光灯の光を反射して見難くなるので、ダンボー…

【ゲームレビュー】ダライアスバースト クロニクルセイバーズ “WARNING!! A HUGE BATTLE SHIP IS APPROACHING FAST”

栄光と没落。 その昔、「ゲーメスト」という、誤植で 有名なアーケードゲーム専門雑誌があった。今では昨年まで定期刊行されていた「アルカディア」という雑誌に名残があるが、とにかくアーケードゲームを専門に取り扱い、全国のハイスコア集計などもやって…

【ゲームレビュー】オーディンスフィア レイヴスラシル そして次にお前は「おでんはいいぞ」と言う…!

9年の時を経て蘇ったおでん。 去る1月14日、あるゲームが発売された。そのゲームの名は「オーディンスフィア レイヴスラシル」である。 www.youtube.com 「オーディンスフィア」とは、2007年にPlayStation2で発売されたゲームだ。ファンの間では「おでん」と…

レトロゲーム回顧録その35 スターウォーズ

遠い昔、遥か彼方の銀河系で… 現在、映画「スターウォーズ」の最新作、「フォースの覚醒」が絶賛公開中だ。だが、残念ながら会津若松には映画館がなくなってしまったのと、その他諸々の事情ですぐには見に行くことは出来ない。 スターウォーズは本当に大好き…

レトロゲーム回顧録その34 ボンバーキング

謎の丸超シリーズ。 ファミコン時代、最強のサードパーティとして名を馳せた、今は亡きハドソンが1987年に発売した、「丸超シリーズ」の第1弾ソフトが、「ボンバーキング」である。 ※ちなみに、第2弾は「ファザナドゥ」第3弾は「桃太郎伝説」である。共通項…

Withings Smart Body Analyzer長期使用レビュー。

記念すべき初エントリ。 昨年の12月末から突如始めたこのブログ、記念すべき初エントリは自分のレコーディングダイエットに関するものだった。 potatostudio.hatenablog.com 「今日からブログを始めます! よろしくね!」とかいう挨拶も何もなしに突然始めた…

デザインが超カワイイのに便利で簡単なお天気アプリ「FINE!」を見つけたのでオススメするよ!

天気アプリは悩みどころ。 以前に、下記のようなエントリを書いた。 potatostudio.hatenablog.com Yahoo天気がリニューアルし、あまりに多機能で便利になったので思わず書いたエントリだが、なんだか好評だったようだ。 天気アプリは、おそらくスマートフォ…

【飯時注意】スーパー便秘な自分が、数ある便秘薬を試してみた結果を語るぞうぉぉ!

スーパー便秘状態。 昨年の11月からメンタル系の薬を飲み始めて以来、人生最大の便秘に襲われている。 なにしろ、最初の気が付かないうちは3週間ほど何も起こらなかったのだ。おかげであまりに腸が圧迫されて、みぞおちの辺りまで痛くなるほどだった。そうな…

レトロゲーム回顧録その33 出たな!!ツインビー

1985年にアーケード(以下AC)で「ツインビー」の第1作がリリースされて以来、ファミコンを中心に続編が作られてきたが、グラディウスシリーズが矢継ぎ早にACでも続編が作られたのに対し、「ツインビー」は、ACでの正当な続編はなかなか開発されなかった。そし…

レトロゲーム回顧録その32 クロックタワー

1995年、ヒューマンから「シネマティックライブシリーズ」の第3弾として発売されたホラーゲームが、「クロックタワー」だ。 クロック タワー 出版社/メーカー: ヒューマン 発売日: 1995/09/14 メディア: Video Game クリック: 16回 この商品を含むブログ (8…

レトロゲーム回顧録その31 バットマンリターンズ

「昔のキャラゲーに当たりなし」 一部の奇跡的な作品を除いて、この金言に間違いはない。その数少ない例外の一つが、コナミが1993年に放った、ベルトスクロールアクションゲーム「バットマン・リターンズ」である。 バットマンリターンズ 出版社/メーカー: …

レトロゲーム回顧録その30 F-ZERO

任天堂が放った16ビット機であり、誰もが知っている国民的ゲーム機スーパーファミコン(以下SFC)。その栄えある同時発売ソフトはご存知「スーパーマリオワールド」と、この「F-ZERO」であった。 www.youtube.com F-ZERO 出版社/メーカー: 任天堂 発売日: 1990…

レトロゲーム回顧録その29 スーパーマリオワールド

初代「スーパーマリオブラザーズ」が発売されて、今年で30年だそうだ。それを記念して任天堂によるスペシャルサイトもオープンしている。 <a href="http://www.nintendo.co.jp/mario30th/" data-mce-href="http://www.nintendo.co.jp/mario30th/">スーパーマリオブラザーズ30周年</a>www.nintendo.co.jp なんだか25周年記念の「スーパーマリオコレクション スペシャルパ…

レトロゲーム回顧録その28 月風魔伝

✳︎以前投稿した記事ですが、不具合があったので、削除して再掲しました。 「月風魔伝」は、1987年にコナミから発売された(コナミ曰く)アクションRPGだ。 月風魔伝 出版社/メーカー: コナミ 発売日: 1987/07/07 メディア: Video Game クリック: 7回 この商品…

生ごみやオムツの臭いも完全シャットアウト!の、最強ゴミ箱が本当にあった。

夏の大敵、それは… 夏至も過ぎて、いよいよ夏に向けて暑くなり始める今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。 夏になると、当然暑いのだが、それに加えて二次災害が発生することがある。 蚊? ノンノン。 湿気? ノンノン。 洗濯物の生乾き? 惜しい。でも…

プリンタが壊れたので、新しく買いましたってことで「PIXUS MG7530」簡単レビュー。

突然やってきたプリンタの故障。 どういうわけか、いきなりプリンタが壊れた。 以前のエントリにも書いたのだが、今のプリンタを買ってから、もう年賀状を印刷するたびにヘッドクリーニングでガンガンにインクを消費するのが嫌だったので、真面目に毎週ノズ…

レトロゲーム回顧録その27 ツインビー

コナミの定番シューティングといえば、横スクロールシューティングゲーム(STG)のグラディウスシリーズだが、縦スクロールのシリーズもいくつか出している。その中でも、最も有名なのは、この「ツインビー」だろう。 www.youtube.com ツインビー 出版社/メー…

レトロゲーム回顧録その26 ゾイド 中央大陸の戦い

ゾイド。 80年代に小学生時代を過ごした男の子なら、知らない人はいないんじゃないかというくらい、当時はゾイドが流行っていた。 …というのは言い過ぎかもしれないが、とにかく自分の周りでは大流行していた。友達がみんな一つは何かしらのゾイドを持ってい…

レトロゲーム回顧録その25 ウィザードリィ

1981年、コーネル大学の学生だったロバート・ウッドヘッドとアンドリュー・グリーンバーグの二人によって作られたコンピュータRPGの元祖が「ウィザードリィ」だ。 元々はAppleIIで動くパソコンゲームだった。 www.youtube.com それをファミコン(以下FC)に移…