読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

気楽に英語を勉強しよう!って時のアプリはどれがいいんだ問題。

英語はいつでも勉強したい。 英語。 何度か海外に旅行に行ったが、大体の場所で英語があれば何とかなった。まあ、何とかしてくれたのは、英会話教室に通っていたことがあるウチの奥さんなのだが。 自分は、英語がまったく得意ではない。そもそも日本語も得意…

やっと観る事ができたので、ゴジラ(2014)の超絶今更な感想。

※このエントリはゴジラ(2014)のネタバレを多く含んでいます。万が一観ていない人で、今後観る予定がある人はお気をつけ下さい。 やっと見たゴジラ。 先日、随分と前に手に入れてはいたのだが、ずっと手を付けられずにいたハリウッド版ゴジラを観た。といって…

レトロゲーム回顧録その24 極上パロディウス〜過去の栄光を求めて〜

「パロディウスだ!〜神話からお笑いへ〜(以下パロディウスだ!)」の4年後、更におふざけがパワーアップしてパロディウスが帰ってきた。それが「極上パロディウス〜過去の栄光を求めて〜(以下極上パロディウス)」である。 極上パロディウスだ! DELUXE PACK …

bodumのダブルウォールグラスがマジで凄いのでもう手放せない。

氷を入れて飲み物を飲むということ。 ウチは年がら年中氷入りの飲み物を飲む。 冬は氷点下が当たり前の田舎に住んでいるのだが、お構いなしに氷を沢山入れて冷たい飲み物を飲む。 当然夏も飲む。だが、夏はどうしてもグラスに氷を入れると「汗」をかく。グラ…

レトロゲーム回顧録その23 パロディウスだ!〜神話からお笑いへ〜

超絶難度の「グラディウスIII 〜伝説から神話へ〜(以下グラディウスIII)」がアーケード(AC)にリリースされたその数ヶ月後の1990年4月に、まるで毛色の違うゲームが、同じコナミによってリリースされた。 それこそが「パロディウスだ!〜神話からお笑いへ〜(…

レトロゲーム回顧録その22 悪魔城伝説

コナミの誇る高難度アクションゲーム「悪魔城ドラキュラ(以下ドラキュラ)」シリーズ。その中で、唯一自分のお金で買ったことのあるファミコンソフトが「悪魔城伝説」である。 悪魔城伝説 出版社/メーカー: コナミ 発売日: 1993/02/05 メディア: Video Game …

レトロゲーム回顧録その21 スーパーマリオブラザーズ3

「スーパーマリオブラザーズ3(以下マリオ3)」は、我が町に出来た唯一の中古ファミコンショップで買った。値段はたしか2500円程度だったと思う。箱も説明書も綺麗な状態で付いていたので、今にして思えばいい買い物だった。 スーパーマリオブラザーズ3 出版社…

じゃあ、Twitterアプリはどれを使えばいいのか問題。

自分の生活に欠かせなくなったTwitter。 2010年にiPhone4を買って以来、Twitterとは5年の付き合いだ。 正直いって、始めた当初は何をしていいかわからず、何が楽しいのかもわからなかったのだが、いざ慣れてみるともう手放せなくなっていた。今ではTwitterを…

レトロゲーム回顧録その20 ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(以下ドラクエIV)」は、珍しく発売日に買うことが出来たドラクエということで、自分の中では特別な印象がある。 ドラゴンクエストIV 出版社/メーカー: エニックス 発売日: 1990/02/11 メディア: Video Game クリック: …

レトロゲーム回顧録その19 ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(以下ドラクエIII)」は、「社会現象としての発売日の行列を、初めて巻き起こしたファミコンソフト」といっても過言ではないだろう。 ドラゴンクエストIII 出版社/メーカー: エニックス 発売日: 1988/02/10 メディア: Vi…

結局、天気アプリはどれを使えばいいのか問題。

あまり使えない純正天気アプリ。 iPhoneには標準の天気アプリが搭載されているが、これだけを使っている人というのはそうはいないんじゃないだろうか?なぜなら、あまり正確とはいえないからだ。 ※地名は塗りつぶしてあります(以下のスクショも同様) これは…

iPhone6使っているならVoLTEにしなきゃマジで損するってくらいVoLTEは凄かった。

iPhone6でVoLTEが可能に。 先日、iOS8.3がリリースされ、iPhone6でもVoLTE(ヴォルテ)が使えるようになった。 というわけで、自分も設定してみた。携帯各社が最近力を入れていて、一部では色々騒がれているVoLTEが、どのくらいの実力を秘めているものなのか体…

レトロゲーム回顧録その18 ドラゴンクエストII 悪霊の神々

「ドラゴンクエストII 悪霊の神々(以下ドラクエII)」は、割と早い時期に買ってもらえた。発売日と同時ではなかったが、1ヶ月も経っていなかった頃に買ってもらったと記憶している。 あまりに嬉しかったから誰かに自慢したかったが、近所に誰も自慢できる人…

レトロゲーム回顧録その17 スーパースターソルジャー

1987年にNECホームエレクトロニクスから発売されたPCエンジンは、実質ハドソンのハードと言ってもいいくらいハドソン主導で進められた。 PCエンジン 本体(白ボディ) 【PCエンジン】 発売日: 1987/10/30 メディア: Video Game クリック: 29回 この商品を含む…

無音カメラアプリをいくつか使ってみて出した個人的な結論。

無音カメラアプリのレゾンデートル。 以前は、シャッター音を出さずに写真を撮る為のアプリの存在価値がわからなかった。「そんなの盗撮に使うんでしょ?」程度の認識でいたのだ。 だが、子供が生まれてみると自分の中での認識が変わった。 たとえば、なかな…

レトロゲーム回顧録その16 ヘクター87

80年代後半にすっかり夏の恒例行事になった、ハドソンによる全国キャラバン。その1987年の公式ソフトだったのが、「ヘクター87」だ。 ヘクター87 出版社/メーカー: ハドソン 発売日: 1987/07/16 メディア: Video Game クリック: 1回 この商品を含むブログ (1…

レトロゲーム回顧録その15 スターソルジャー

小学生の頃、いつだったかのコロコロコミックで、ファミコンのスターフォース、つまり「ハドソンの作るスターフォース」の続編が開発中であることを知った。その名もスーパースターフォース。 その時の誌面がどんな感じだったのかは殆ど覚えていないが、その…

Post専用Twitterクライアント「FasPos」が快適すぎてビビった。

iOS6までは、通知センターにTwitterに投稿できる機能が備わっていたが、あんまり使う人がいなかったのか、あるいはAppleの考える「通知センター」の定義に合わなくなったのか、iOS7からはその機能は削除されてしまった(Macにはまだ残ってるのに…)。個人的…

レトロゲーム回顧録その14 スターフォース

「スターフォース」は、確か何かのテストの成績が良かったので、お母さんが買ってくれたんだったと思う。コロコロコミックなんかで、もうどういうゲームかは知っていたので、欲しくて欲しくて仕方がなかったのだ。 というわけで、「なにかゲームを買ってあげ…

レトロゲーム回顧録その13 ファイナルファンタジー

いまや、ドラゴンクエスト(以下ドラクエ)と並ぶ国民的RPGとなった「ファイナルファンタジー(以下FF)」の一作目が出たのは、自分が小学生の頃だった。 ファイナルファンタジー 出版社/メーカー: スクウェア 発売日: 1987/12/18 メディア: Video Game 購入: 1…

レトロゲーム回顧録その12 スーパーマリオブラザーズ

「スーパーマリオブラザーズ(以下スーパーマリオ)」を手に入れたのは、発売されてからしばらく経った後だった。正確な時期は覚えていないが、発売から半年は経っていたと思う。なにしろ、凄いブームを巻き起こしていて、なかなか田舎のおもちゃ屋では手に入…

レトロゲーム回顧録その11 R-TYPE

中学生時代、我が町のゲームコーナーでグラディウスIIの攻略に励んでいた頃、もう一つのゲームにもハマっていた。シューティングゲーム(STG)にありがちな、銀色を基調とした金属的なグラフィックスに加えて、それとは対照的な極めて生物的なグラフィックスが…

レトロゲーム回顧録その10 Jリーグエキサイトステージシリーズ。

シーズン前の風物詩、富士ゼロックススーパーカップも終わり、2015年のJリーグがいよいよ始まる。 J1は今シーズンから再び2ステージ制に戻る。なにかと不安要素のつきまとう「改革」ではあるが、もう決まってしまったことは覆せない。Jリーグ設立当初のよう…

加湿器なんていらねえよ、冬。とか思ってた時期が僕にもありました。

冬の乾燥する季節に必須のガジェットといえば、そう加湿器。 …といいつつ、実は最近まで必要性は全く感じていなかった。 というのも、一応部屋の湿度がわかる電波時計を持っていて、冬は湿度が大いに下がるのもわかっていたが、夫婦二人暮らしだったため、リ…

レトロゲーム回顧録その9 ソロモンの鍵

ゲームが好きと言っても、ありとあらゆるジャンルをやるわけではないし、当然苦手というか、あまり積極的にプレイしないジャンルもある。 自分の場合は、シミュレーションとパズルはあまりやらない方だ。テトリスやぷよぷよで、落ちものパズルの大ブームが来…

レトロゲーム回顧録その8 MOTHER

「エンディングまで泣くんじゃない」 「綺麗なお姉さんは、好きですか」などで有名な、一倉宏の手による「MOTHER」のキャッチコピーだ。 【なつかCM】 ファミコン MOTHER (エンディングまで泣くんじゃない) - YouTube マザー 出版社/メーカー: 任天堂 発売日…

BabyMonitor3GとPanasonic ImageApp比較使用レビュー

去年の12月のApp Storeサイバーマンデーセールの時に、BabyMonitor3G(以下BabyMonitor)というアプリが半額だったので買っておいた。ちょうど年明けには子供が生まれる予定(実際には年末に生まれたけど)だったので、こういうのがあったほうがいいと思ったから…

レトロゲーム回顧録その7 グラディウスIII -伝説から神話へ-

グラディウスIII -伝説から神話へ- (以下III)の話を初めて聞いたのは、友達が自分の町から電車で一時間ほど離れた、ちょっと大きな町のゲームセンターに行ってきた次の日の事だった。折しも、グラディウスII(以下II )が住んでいた町のゲームコーナーに入荷し…

レトロゲーム回顧録その6 グラディウスII -GOFERの野望-

中学生時代、自分の住んでいる町に初めて中古ソフトが買えるファミコンショップが出来た。月のお小遣いが3000円程度だった昭和の子供にとって、中古ショップの開店は福音であった。中学生時代に遊んだファミコンソフトの8割はこのお店で買ったと言っても過言…

レトロゲーム回顧録その5 グラディウス

「1985 ウチュウガマルゴトヤッテクル」で有名なグラディウスであるが、今年はそのアーケード版が出て30周年の記念の年だ。というわけで、PS4のアーケードアーカイブスでも配信が始まったのだが、リリースしたのは株式会社ハムスターで、コナミではない。 PS…

レトロゲーム回顧録その4 魔神英雄伝ワタル外伝

ファミコンのキャラゲーは、出ている数が半端ないだけあって、一般的にクソゲー扱いされているゲームが多い。 例えば、Ζガンダムホットスクランブルとか 機動戦士Zガンダム ホットスクランブル - YouTube 忍者ハットリくんとか 忍者ハットリくん ノーマルプ…

レトロゲーム回顧録その3 ドラゴンクエスト

ドラゴンクエスト(以下ドラクエ)を初めて知ったのは、ジャンプの速報でもなければファミ通でもなく、友達がウチにソフトを持ってきてくれたからだった。 ドラゴンクエスト 出版社/メーカー: エニックス 発売日: 1986/05/27 メディア: Video Game クリック: 4…

S’WELL ウォーターボトル EvernoteMarket版使用レビュー

先日、EvernoteMarketでS’WELL ウォーターボトルのEvernoteカラーを買った。 <a href="https://www.evernote.com/market/feature/water-bottle-jp" data-mce-href="https://www.evernote.com/market/feature/water-bottle-jp"&gt…

レトロゲーム回顧録その2 源平討魔伝

小学生の頃、自分の住んでいた町にはゲーセンがなく、近隣の都市に行った時にデパートの屋上などにあるゲームコーナーやゲーセンに行くのが楽しみだった。 ある日、栃木の下今市にあったデパートのゲームコーナーに行った時のこと、騒がしいゲームコーナーの…

レトロゲーム回顧録その1 バンゲリングベイ

自分が初めてファミコンを買ってもらったのは、多分1985年だったと思う。 それまで何を言っても買ってくれなかったのだが、その日はじいちゃんが突然おもちゃ屋に自分を連れて行き、あのファミコンを買ってくれたのだ。何故なのかは全く不明だが、とにかく嬉…

Evernote Scannableを軽く使ってみた。

Evernoteが新しいスキャナアプリ「Evernote Scannable」をリリースしたので、軽く使ってみた。 Evernote Scannable Evernote 仕事効率化 無料 Introducing Scannable app - YouTube 公式のPVを見る限り、iPhoneで次々とスキャンしていく発想で作られたアプリ…

雪国の日常、「雪かき」の最終兵器が北海道にあった。

雪国での冬に避けられないもの、それは「雪かき」だ。 10センチ程度ならどうということもないが、さすがに50〜60センチも積もると、車で押しのけて行くわけにも行かないので、朝の出勤前だろうがなんだろうが雪かきの必要性が出てくる。朝はゆっくり寝ていた…

Fitbit Zip vs UP MOVE比較レビュー

昨年の12月から、iPhoneではなく活動量計を利用して一日の活動量を測定している。 iPhoneのセンサーも優れているのだが、iPhoneを常に携帯できる仕事をしているわけではないので、どうしても本当の活動量を知りたければ、活動量計を使用せざるをえない。 と…

自分を測るということ。

10月に体調を崩して以来、iPhoneを使って色々なログを取り始めた。いわゆるライフログというやつだ。 まず体重は、タニタの体重計に表示される数値を手入力していた。が、さすがに毎日手入力するのも面倒なので、フランス製の体組成計Withings社のSmartBodyA…