読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

いい加減、「コンセプトデザイン」っていうのはやめてくれませんかね。

最近、iPhoneなどの最新ガジェットの記事をネットで読んでいると、「◯◯のコンセプトデザインが公開!」という記事によく出会う。


iPad Proではホームボタンが廃止される?新たなコンセプトデザインが公開 - iPhone Mania


iPhone7はワイヤレス充電に?コンセプトデザインが公開 - iPhone Mania


iPhone 7のコンセプトデザイン2種を公開 遂に「縁」がなくなる? - ライブドアニュース


iPad Proと新MacBook Airを並べたコンセプト画像公開! - iPhone Mania

でもこれって、どこかの誰かが勝手に作った「ぼくのかんがえたさいこうのあいふぉん」とかだったりするわけだ。つまり、単なる「予想図」なのである。こんなものを「公開!」などと、もったいぶって紹介するメディアもメディアである。

 

新しいiPhoneiPadのデザインは、毎回世間の注目を浴びる。だから、こういったサイトもこういう予想図が作成されると、我先にと翻訳し記事にするのだろうけど、これって一種の「だまし」みたいなものではないだろうか?

なぜなら、「iPhone7のコンセプトデザインが公開!」と書くと、とたんに「公式っぽさ」が付随してくるからだ。

別にAppleがこういうデザインを考えているわけではないのに、あまり記事中の文を読んだりする人でなければ、画像を見て「なるほど次のiPhoneはこんな感じか」と思ってしまうだろう。というより、この手の記事はそういう「見出しと画像程度しか見ない人」を狙い撃ちしている感がある。

サイトとして、ページビューや話題性がほしいのはわかる。だが、だからといって、こんなある種の「ひっかけ」じみた記事でセコセコ稼いでほしくないな〜と、個人的には思ってしまうのだ。

 

カタカナ語は確かに便利で、それ自体に多くの意味を持たせることができ、そしてカッコよさがある。だが、一歩間違えば違う意味にもとらえられかねない危うさもあるのだ。

なので、いい加減「コンセプトデザイン」なんていう言い方はやめて、「予想図」と正しく伝えてほしいと思っている。

 

だって、見ちゃうもん。だれかがかんがえたさいこうのあいふぉん。