Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

ハリルジャパン初陣 日本vsチュニジア あっさりマッチレビュー。

驚かされた先発メンバー。

ハリルホジッチ新監督率いる新生日本代表の初戦、チュニジア戦が大分で行われた。

結果は岡崎と本田のゴールで2-0の勝利。初陣を勝利で飾れたことはなによりだし、しっかりと流れの中でゴールを奪って勝ったのは今後にポジティブな影響をもたらすだろう。

それにしてもこの試合、何よりも驚かされたのはその先発メンバーだ。

チュニジア戦の先発メンバーは以下の11人。

GK 権田修一 
DF 槙野智章 
DF 吉田麻也 
DF 藤春廣輝 
DF 酒井宏樹 
MF 長谷部誠 
MF 清武弘嗣 
MF 山口蛍 
FW 永井謙佑 
FW 川又堅碁 
FW 武藤嘉紀 

なんと、本田も香川も岡崎もいなかったのだ。

ある程度のメンバー変更は色々な情報から示唆されていたが、まさかここまで変えてくるとは思いもよらなかった。

選ばれたメンバーの多くは、ハリルホジッチがJリーグを視察した際に活躍した、あるいは目に止まったとされる選手だ。おそらく、このメンバーでどのくらい出来るのか確認する意味合いもあったのだろう。トップ下が清武だったのは何故なのかよくわからない。総合的に一番調子が良さそうだと判断されたのだろうか。

このメンバー選考に関しては、試合後の記者会見で必ず誰かが聞くだろうと思われるので、その全文がアップされるのを待ちたいと思う。

 
低調だった前半。

正直いって、前半はあまりワクワク感のない展開だった。

これだけメンバーが変わってしまえば、コンビネーションなども殆ど構築されていないだろうし、いわゆるオートマティズムなど望むべくもない。

ハリルホジッチは、エリア圧縮型のザッケローニや、基本的にブロックを構築するアギーレとは違うタイプのディフェンスを試みているようだ。縦に入った楔のボールを狙って刈り取る、いわゆるハイプレスショートカウンターである。

チュニジアのコンディションがどうだったのか定かではないが、ボールを奪うところまではある程度成功していたと思う。だが、その後の展開するアイデアが乏しく、永井の走りは何度も無駄になり、藤春と武藤の左サイドに至っては完全に機能不全の状態だった。

おまけに、中盤からCBへの戻しのパスを何度か狙われて、危険な場面を作られかけた。遠藤のように中盤で落ち着けてくれる選手がいなかったため、ビルドアップも不安定で、正直ゴールの予感はあまりなかった。

一番惜しかったのは22分のCKに川又が合わせ、クロスバーを叩いた場面だろうか。25分のFKから吉田麻也が空振り→藤春が宇宙開発…という場面や、32分にも清武がコンビネーションから切り込んでシュートを放ったが、当たりが弱くネットを揺らすまでには至らなかった。

 

取るべき人が取った後半。

選手交代の最初の目安といわれる60分、セオリー通りにハリルホジッチが動く。清武と永井を下げ、香川と本田を投入した。すると、狭い曲面でもボールが回り始め、日本の攻撃にリズムが出る。更に、70分過ぎに川又、武藤に変わって岡崎、宇佐美が投入されると、そのわずか5分後にゴールが生まれた。

香川から本田に出たボールはやや強かったが、本田が頑張ってファーサイドへと折り返すと、そこに飛び込んだのは岡崎。その1分前に足元に来たボールをトラップしそこねていたが、やはり岡崎の最大の武器は、何も恐れずに飛び込んでくるヘディングにある。その持ち味が出たゴールだった。

さらにその5分後の83分には、宇佐美→岡崎→香川と繋がり、恐らくは香川がグラウンダー気味に入れようとしたボールが、DFの足に当たって微妙にコースが変わり、シュートのようなコースに飛んだ。これはチュニジアGKがなんとか弾いたが、そこには本田が詰めていた。

最後には今野と、今回は出場機会はないと思われていた内田を試すことができ、「テストマッチ」と考えても悪くない終わり方が出来たといえるだろう。88分に宇佐美に大チャンスが訪れたが、残念ながらポストに阻まれてしまった。アレが決まっていれば、後半は90点の出来だったと言ってしまっても良かったのだが、世の中そう上手くはいかないようである。

 

ハリルジャパンの評価は…

当然ながら集まって四日間の練習では、監督のメソッドをすべて伝えるのは不可能である。従って、今日の試合がどの程度ハリルホジッチの考えるサッカーを実践できていたのかは知る由もない。

だが、漏れ伝わってきていた戦い方である、ハイプレスショートカウンターをやろうとしていた事は確認できた。だが、まだまだ中途半端で危なっかしさが見え隠れしていた。

例えば、速攻に移れなかった時の組み立てなおしのボールがよく狙われていたのは、早急に修正しなければアキレス腱になりかねない。とくに、サイドからボランチを飛ばして、CBにグラウンダーでダイアゴナルなパスを出すのは危険すぎるので、余程自信があるときか、周りに相手選手がいない時以外は実践してほしくない。

攻撃に関しては、サイドにスピードのある選手を置いた割には使いこなせていないと感じる場面が多々見られ、結局攻撃の歯車がかみ合ってきたのはいつものメンバーが出てきた試合終盤だった。しかも、膠着状態を打開したのは、狭い曲面をワンタッチで繋いでみたり、その後逆サイドに降ってみたりする、従来通りの見慣れた日本代表の攻撃パターンだった。

今後、これにショートカウンターという武器が加われば、緩急を付けた自在な攻撃が出来るようになるのかもしれないが、アギーレジャパンの時のように「結局は遠藤がいないと…」とならないことを祈っている。

 

まだまだ未知数なハリルジャパンの未来。

正直いって、初戦でこれだけ冒険的なメンバーを送り出してくるとは夢にも思わなかったので、次のウズベキスタン戦のメンバーも予想のしようがない。

ハリルホジッチ自身は多くのメンバーを見たいと言ってはいるが、これだけ多くの選手を招集したので、全員を使うのはほぼ不可能だろう。唯一やれるとすれば、ウズベキスタン戦のメンバーを、交代要員も含め今日と総とっかえする方法もあるが、さすがにそこまではやらないのではないか。

代表監督としての経験が豊富なハリルホジッチならば、おそらくは逆算型のチーム作りをしていくはずだ。つまり、短期的には6月のW杯アジア二次予選、長期的にはアジア最終予選〜W杯本大会に、どのようなチームに仕上げるかというところから逆算して、メンバーを選び、育てていくはずなのである。

 

まだ初戦が終わったばかりで、正直言って先発メンバー以外はそれほど際立った独自色を出したわけでは無かったハリルジャパン。試合を決めたのは、結局ザッケローニの遺産ともいえるメンバーだった。

四日後のウズベキスタン戦ではどんなサッカーを見せてくれるだろうか…?