Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

心の病気の自分が、はてなでブログを書き始めたら、新しい病気になったっぽい。

f:id:potatostudio:20150627210810j:plain

なんだかわからないうちに始めていたはてな。

自分がはてなでブログを書き始めたのは、子供が生まれた次の日。昨年の12月28日だった。

2005年くらいからmixiをやっていたのだが、マイミクとの関係がギクシャクして、実質開店休業状態になっていて、その時点で自分が利用していたSNSはTwitterだけだった。

だが、Twitterの140文字では、自分の言いたいことがあっても伝えられないこともあったし、かと言って連投してしまえばフォロワーのタイムライン汚しになってしまう。

子供が産まれて奥さんが入院し、しばらく家に一人になった自分は、なにかTwitterの代わりになるものかないか考えて、数年前に「はてなブックマーク」のアカウントを作っていたことを思い出した。たしかあれにはブログサービスもあったはずだ。

そんな感じで、なんとなく流れで始めたのがこのブログだ。

自分が思ったり感じたりしたことを適当に書く。ただそれだけのために始めた。だからブログの概要も「自分用備忘録的な何か」なのだ。

…少なくとも最初はそうだった。

始めたばかりの時期は一日のアクセスが20人とかだったけど、それでも楽しかった。

初めて「◯◯さんが読者になりました」という通知が来た時は感激したし、なるほど、はてなブログはただのブログじゃなくて、そういう「繋がり」もあって、それが見えるサービスなのかなどと、使い始めてから気がついたことも沢山あった。

だが、一つのことがキッカケで、そういう「ささやかな楽しみ」では満足できなくなっていってしまう。

 

はてブを眺める毎日。

ある日、Google Analyticsを導入し、リアルタイムにアクセス数がわかるようになると、余計に楽しくなってきた。 世の中にはこんなサービスもあるのかと感心していた。

そして、色々な人のブログを読んでいると、アクセス数を上げるための方法がたくさん書いてあった。

自分は、あまり高度なことは出来そうもないので、簡単に真似できるような事だけを実践してみた。上手くいったものもあったが、まったく振るわなかったものもあった。だが、その試行錯誤もそれはそれで楽しかった。

その実践法の中に、「セルクマ」があった。自分で自分のブログに「はてなブックマーク」を付ける、セルフブックマークというやつだ。

最初、自分は何のためにそれをするのかわからなかった。

はてなブックマークとアクセスとなんの関係があるの?と思っていたし、自分のブログはセルクマしたくらいで注目されるとは思っていなかった。だから、しばらくの間セルクマはしていなかったし、そもそも、誰もブックマークしてくれてはいなかったのだ。

だが、あるエントリでブックマークが付いた時に、なんとなくセルクマしてみた。そうしたら、そのエントリに次々ブックマークが付いて、アクセス数が飛躍的に伸びた。

その時、自分にはなにが起きているのかわからなかった。だが、Google Analyticsを見て、流入先がHatenaBookmarkとなっていたのを確認した時、ようやく何が起きているのかわかった。

急いではてなブックマークのサイトを見に行ってみると、結構いい位置に自分のエントリが表示されていたのだ。

これか。

その時、自分ははてなブックマークの威力というものをようやく理解した。

よく、人のブログを見に行くと「出来ればブックマークお願いします」とか、中には「まずははてなブックマークしてくれませんか?」などと書いてあるのを見て、「なんでこんなことを書くんだろう?」と不思議に思っていたのだが、一度はてブで注目される経験をして、初めてそう書きたがる理由がわかった気がした。

自分もその日から、はてブのアプリをiPhoneにインストールし、エントリをアップしたら機を見計らってセルクマして、そこに自分のエントリが載るかどうかを眺める日々が続いた。

 

これなんて言うの?承認欲求?

1日のアクセス数が数百という日々が当たり前になると、Google Analyticsという、リアルタイムに目に見えてわかるツールがある事も影響して、自分の中では欲が湧いてきた。つまり、もっとアクセス数が欲しいと思うようになったのだ。

初めは、自分が書きたいことをただ書き殴る為に始めたはずのこのブログが、いつのまにか、もっとはてブを欲しがり、アクセス数を稼ぎたがる場になっていった。

毎日毎日色々なネタを考え、文章を書き、注目されそうなタイトルを考えた。

そして、エントリがアップされると、Google Analyticsを眺めて読まれているかどうか確認し、ブックマークが付くと小躍りして喜び、はてブの人気エントリに自分の記事が現れると歓喜した。

逆に、アップしたにもかかわらず、全く記事が読まれずに、ブックマークもつかず、はてブのアプリも新着に顔を出しただけで消えたりすると、酷く落ち込んだ。

昨年の10月からずっと心の病気で治療を続けているのに、これじゃ余計な因子を持ち込んだだけじゃないのかと思うこともあった。

それでも、はてなでブログを書くのをやめられない。

アクセスをGoogle Analyticsで眺めるのもやめられない。

承認欲求というやつだろうか。

このままではマズイ。

そう心ではわかっていながら、またエントリをアップしている。

今月は、ついにはてなブログをProにアップグレードしてしまった。

なんなんだこれは… 

ブログ依存か? あるいは、はてブ依存?

とにかくこれは、自分の新しい病気なのかもしれない…