読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

生後半年のウチの娘がガッツリ食いついた! 「メロディファンファンジム」

子育て
保育園で見かけたメロディジム。

昨年の年末に生まれた娘も、もう生後半年を過ぎ、色々物を掴んだり振り回したり出来るようになって、おもちゃなんかを与えると、その楽しさが少しずつ分かってきたようだ。

そうなると、もっとおもちゃを買ってあげたくなるんだが、まだこの月齢の子供にどういうおもちゃを買ってあげたらいいかわからない。とか思っていたら、保育園でウチの子供がお気に入りのおもちゃがあると、連絡帳に書いてあった。

そのお気に入りのおもちゃというのは一体どんなものかと、お迎えに行った時についでに見てきたら、いわゆる「メロディジム」とか「メリー」とか呼ばれるものだった。

自分が迎えに行く時は、もうおもちゃで遊んでいないことが殆どなので、遊んでいるところは見たことがないのだが、随分お気に入りだという。だったら、ウチでも買ってあげようということで買ったのが、トイローヤルの「メロディファンファンジム」だ。

メロディFunFunジム

メロディFunFunジム

 

 

色々な機能があるメロディファンファンジム。

まずは組み立て。

それぞれのパイプを組み合わせながら組み立てるのだが、意外とこれが難しい。最初に全部細かい所を組んでから、仕上げに組み上げようとか思ったら、なかなかうまくいかない。どうやら、すべての部品をいっぺんに組み上げないと上手くはまらないような仕組みのようだ。

組み上がって、ウチの娘にさっそく使わせてみる。途端にガッツリ食いついた。さすが、お気に入りだというだけのことはある。嬉しそうな声を上げながらガッチャンガッチャンと遊んでいる。娘が楽しそうにしていると自然と自分の顔もほころんでくる。

そんなオモチャ「メロディファンファンジム」は、幾つかの部品で成り立っている。

まずは本体。箱の説明を信じる限り、月齢によって遊び方を変えることで、長く使えるようになっているようだ。

今の月齢ではまだおすわりもできないので、寝っ転がって遊ぶのがメインだが、おすわりができるようになったときや、立つことが出来るようになった時で、遊び方を変えて楽しむことが出来るらしい。立った時によりかかるのは、耐久度的にどうなんだろうかと少し心配にもなるが。

f:id:potatostudio:20150710071146j:plain

そして、本体にぶら下がっているガラガラは、ボールが付いているもの、鈴の音がするもの、引っ張るとメロディが鳴る取っ手が付いているものと、三種類ある。

f:id:potatostudio:20150710071715j:plain

これを、手足でガチャガチャやって、娘はとても楽しんでいる。ちなみに、メロディはボタン電池で鳴るようになっているらしく、一番よく引っ張るのですぐ電池が切れてしまいそうだ。

その他に、本体の足の方には、くるくる回る羽のようなものがくっついている。

f:id:potatostudio:20150710072345j:plain

最初この説明を見た時は「こんなので喜ぶかよw」とか思っていたのだが、案外グルグル回して喜んでいる。この羽根のようなものはフレキシブルに移動させることができるので、娘が適当に手を動かしているだけでも楽しいようだ。

 

しばらくはお世話になりそう。

というわけで、今回買ったメロディファンファンジムは、見ている限り娘にはかなり好評のようだ。

箱に書いてある説明が正しいのであれば、 このメロディファンファンジムはまだまだ長く使えるみたいなので、3000円前後という価格は決して高いものではないと思う。

これからも、いろいろな遊びを覚えていくだろう。その度に、こうやって何かを買い与えて、その反応を見るのがとても楽しみだ。