読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

シングルマザーって、マジで凄いと思うんだ。

f:id:potatostudio:20150803223936j:plain

分担する子育て。

我が家の子育ては、世の中の大抵の家庭がそうであるように、夫婦で分担して行っている。とはいえ、完全分業というわけではなく、お互いがお互いに補い合いながらやっているのが実情だ。

朝は、自分が今メンタル系の薬を飲んでいるせいで壊滅的に駄目なので、妻が娘を保育園に送っていく。逆に、お迎えは自分のほうが家に帰ってくるのが早いので、自分が保育園に迎えに行き、娘を家に連れて帰ってくる。

休みの日は、保育園でやってもらっている離乳食を家で与えるのだが、これも妻と自分とどちらもやる。時には、二人がかりでおかゆとその他のおかずを交互に食べさせることもある。

おむつの交換も、当然両方でやる。娘が動きを止めなかったり、あまりにもオムツが汚れているときは、これも二人がかりでやることもある。

ミルクだって、妻が夕食を作っている時に、大抵の場合時間が回ってくるので、自分が娘にミルクをあげて、その後のおむつ交換をやる。

買い物に行く時も、殆どの場合親子三人で行って、子供用のカートを自分が押し、妻は買うものをかごに入れていく。会計の時は、自分が先にレジの向こうで待ち構えて、会計が終わった後は、自分が買ったものをマイバッグに入れている間に、妻が娘をあやしている。

お風呂に入れるのは大体の場合自分がやるのだが、先に自分がお風呂に入り、体や頭を洗って、お風呂から呼び出しボタンで準備が整ったことを妻に伝え、妻が娘の服を脱がせて連れてくる。娘の頭と身体を洗って、ひとしきりスキンシップをしたら、また呼び出しボタンで妻に終わったことを知らせ、妻が娘を連れて行き、体を拭いてオムツを履かせる。

何もかもが、「二人でやること前提」なのが、ウチの子育てなのだ。というか、大抵の家がそうだろうと思う。

だが、時々思う。

シングルマザー(ファーザーもいると思うが、本エントリではシンプルにするためにシングルマザーという表記を使わせてもらう)の人って、これら全てを一人でやらなければならないのかと。

そう考えると、シングルマザーって凄いと思うし、とんでもないバイタリティがないと、とてもこんなの不可能なんじゃないかと考えてしまうのだ。

 

人それぞれの理由。

シングルマザーには、人それぞれ理由があるだろう。

今までも何度かブログに書いているが、自分の両親も自分が2歳の頃に離婚している。だが、自分の母は完全なシングルマザーではなかった。離婚後は実家に戻り、祖父母と共に自分を育てることが出来た。しかも、祖母は専業主婦だったので、母は安心して仕事を続けることが出来たのだ。

さらに運の良いことに、母は大手保険会社に勤めていたので、収入面でも結構恵まれていた。バブル期の保険会社である。給料も良かったし、ボーナスなんて夏だけで100万円ほど貰えていたらしい。

ということで、自分は境遇こそ似ているが、とても世の中のシングルマザーの子供達とはかけ離れた生活をおくってきた、いや、おくらせてもらったといった方が正しいだろう。

だが、世の中には離婚した後に実家に戻ることが出来ない母親もいるはずだ。

たとえば、両親とも他界しているとか、結婚するときに縁を切られたとか、あまりにも遠隔地で結婚してしまったばかりに、仕事の関係上実家に帰ると生活していけない…など。ほかにも色々理由があるだろうが、好き好んでシングルマザーやっている人はそうはいないはずだ。

 

子育てを一人でやるのはマジで大変。

例えば、保育園に預かってもらおうにも、ウチの娘の行っている保育園の場合、夕方の18時までに迎えに行けなければ、延長保育料を取られてしまう。

ウチの妻は家から車で30分の所に務めていて、自転車で10分の距離に会社がある自分のほうが家に帰ってくるのが早いため、自分がお迎えに行く役になっているのだ。ちなみに、保育園は我が家の眼の前にある。

だが、例えばウチの妻がシングルマザーだった場合のことを考えてみよう。

17時にピシっと仕事を終わって、18時までに娘を保育園にお迎えに行くとなれば、仕事が終わったらまっすぐ保育園に迎えに行き、更にそれからスーパーなどで買い物をしてから帰ってこなければならない。

そうなると、帰ってきた時点で19時位になってしまうだろう。

それから夕飯を作り始めて、その間に娘にミルクをやり、ご飯を食べた後、お風呂を洗い、娘と一緒にお風呂に入る。その後、同時にお風呂を上がり、自分の着替えもままならないまま、娘の体を拭いてオムツを履かせ、服を着せる。その後、ようやく自分の服や頭を乾かすなどの作業をすることになるだろう。

あくまで想像の範囲内でしか無いのだが、考えるだけでも自分にはとても出来そうもない。日常生活の一コマだけでこれである。

子育てには予測不可能な事も多々起こりうる。突然の病気や怪我に襲われることもあるだろう。そんなアクシデントがあった時、二人でも大変だというのに、世のシングルマザーは一体どうやって乗り切っているのだろうか。

そう考えると、自分はシングルマザーで立派に子育てをしている人を尊敬せざるを得ない。

子育てをしていると、幸せを感じることが本当に多い。だが、それがもし苦痛になってしまったら、親にとっても子供にとっても不幸なことだろう。今の自分には、世の中のシングルマザーが、そうならない事を祈る事くらいしか出来ない。

いや、マジで凄いわ、シングルマザー。