Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

何故か読めてしまう文章。「こんちには みさなん おんげき ですか?」

f:id:potatostudio:20150824174451j:plain

こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。

この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか

にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ

あいてっれば じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう にもづいとて わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。

どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?

ちんゃと よためら はのんう よしろく

 

はるか昔に流行ったコピペの文章を、久しぶりに自分の過去のmixi日記を見ていたら発見したので、ちょっと貼ってみようと思う。

はじめ、この文章を読んだときは「すげー!!」と、自分も驚いたものだ。
人間の予測って、優秀だなぁと。

でも、ほんとはケンブリッジ関係ないらしいけど、これを最初に考えた人は凄いと思う。ホント、よく考えるもんだな~と思った。 正直、今読んでも凄いと思う。
言うなれば、ロールシャハテストの文字版…かな。

人間の脳は、色々と欠損した情報を補いながら情報を処理しているらしいけど、普段生活しているだけでは全くそんなことは意識しない。でも、こういう物を見ると、本当に脳ってやつは良く出来ているなと改めて思う。

この手の文章を作ることの出来るジェネレータなんかも作られているので、興味のある人はやってみると面白いと思う。

http://www.otchy.net/20090508/chanto-yomechau/

※一発で読める文章が出来るとは限らないので、何度か試してみてください。

最初は、このエントリ自体をこのジェネレータで作ろうかと思ったけど、流石にそれは面倒だし、長文をこの形式で読むのはいくらなんでも疲れると思うのでやめておいた。

それと、何故読めてしまうのか?に関して、もの凄く詳細に調べたブログもあったので、そのリンクも貼っておく。

http://www.kotono8.com/2009/05/10yometeshimau.html

上記の記事によれば、この現象は「文字の最初と最後があっていれば読める」という、単純な話ではなさそうだということがわかる。それは、例の文章生成ジェネレータでの生成結果を見ても、なんとなくそうかもしれないと思わせる内容で、整合性はとれているように思う。

というわけで、懐かしいコピペを再発掘しただけのエントリでした。