Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

日本vsアフガニスタンあっさりマッチレビュー ロシアW杯アジア二次予選

f:id:potatostudio:20150903213221p:plain

中立地でのアウェーマッチ。

ロシアW杯を目指すアジア二次予選の第三戦目は、対戦相手が政情不安のアフガニスタンということで、中立地であるイランでの開催となった。

日本が入っているこのグループEは、ホームゲームの開催が危ぶまれる国が多数含まれているので、こういう第三国での試合がどうしても多くなる。相手のサポーターで埋め尽くされるわけでもなく、日本のサポーターが多数詰めかけるわけでもない、この一種独特な、そして異様な雰囲気には今後慣れていかなかればならない。

というわけで、そんな試合に臨むこの日のスタメンは以下の通り。

GK
12 西川周作(浦和レッズ)

DF
5 長友佑都(インテル)
6 森重真人(FC東京)
19 酒井宏樹(ハノーファー)

22 吉田麻也(サウサンプトン)

MF
8 原口元気(ヘルタ・ベルリン)
10 香川真司(ドルトムント)
16 山口蛍(セレッソ大阪)
17 長谷部誠(フランクフルト)

FW
4 本田圭佑(ミラン)
9 岡崎慎司(レスター)

中立地だろうが、異様な雰囲気だろうが、このクラスの相手に苦戦はしてほしくない。スッキリ眠れるような、そんな試合を期待したい。

 

押し込み続けた日本。

開始早々、CKから2回ほどチャンスを得る日本だが、前半1分と3分の両方とも森重のヘッドはGKのセーブにあったり、ファウルを取られたりでゴールには至らない。

前半7分には、長友が左サイドからクロスを入れ、ファーサイドの本田がヘッドで折り返すと中央に走り込んだ長谷部が胸トラップからボレーシュート。だが、ボールはゴール上に外れた。

なんとなく今日も最初のゴールが遠いのかな…と思わせた日本だが、前半10分に均衡が破れる。原口からのパスを受けてターンした香川がそのまま強烈なミドルシュートを放つ。これがアフガニスタンゴールに突き刺さり、日本が早い時間帯に先制することに成功した。

1点を取られた直後は、アフガニスタンも高い位置からプレスをかけてきたりもしたが、前半も20分を過ぎると日本が完全に押しこむ形になり、アフガニスタンは後ろに下がってブロックを作らざるを得なくなる。

日本も、次から次へとチャンスを作り出すものの、あと一歩のところで枠を外れたりクロスバーに当たったりで、なかなか2点目が入らない展開が続く。

だが、前半35分にCKで長友のクロスから森重がヘッドで合わせるも、これはGKに防がれる。だが、そのこぼれ球を本田がラインギリギリで折り返し、これを森重が押し込んで日本が2点目を奪う。

その後も、日本が試合を支配する展開は変わらず、追加タイム2分を消化して前半は終了した。

 

理想の入りを見せた後半。

後半5分、アフガニスタンゴール前狭いエリアで、本田→香川→原口→香川と繋がり、そのまま香川がファーサイドへとシュートを放つ。これがネットを揺らして、日本はいい時間帯で追加点を手にする。

アフガニスタンは、試合開始当初や最初の失点直後こそ、一瞬前から奪いに来る姿勢を見せはしたが、その後は完全に地力の差が出て日本に押し込まれ続けることになる。必然的にアフガニスタンのバイタルエリアには人の壁が出来るのだが、後半のこの追加点は、それらをモノともしない日本のコンビネーションが出た得点だった。

後半12分、またもアフガニスタンのエリア前で香川から裏へ抜けだした山口螢へのパスが通り、GKが飛び出した所を見計らって岡崎へとラストパス。最後は岡崎がプッシュして日本が4点目を奪う。

その直後の後半15分、中央でパスを受けた本田が右足でシュートを放つが、DFの壁に弾き返される。だが、そこには岡崎が飛び込んでいた。岡崎らしい素早い反応のゴールで日本5点目。

こうなってくると、何点取るかということにも興味が出てきてしまうが、あまり無理はせずにチームマネジメントをしていくのも監督の役目だ。その意味で、ハリルホジッチがこの試合に何を求めているかは、この後の交代策で明らかになるだろう。

前半は通っていた、森重から酒井へのサイドチェンジが段々通らなくなってくる。疲れの影響なのか、それともサイドが変わったことによる芝の影響なのか。

後半24分、ハリルホジッチは酒井宏樹を下げて宇佐美を投入する。この交代のメッセージは明確だ。「更に点を取ってこい」である。

後半29分、エリア前で宇佐美がパスを受け、スピードに乗ったままエリア内に侵入し中央へグラウンダーのクロスを送る。本田がDFに囲まれながらも泥臭く押し込んで日本が6点目を挙げた。

後半30分、香川に変わって武藤嘉紀が入る。武藤が右、本田がトップ下に入る形にシフトする。

最後の交代枠は、後半35分、長谷部に変わって遠藤航の投入だった。これは、むしろテストの意味合いもあるのかもしれない。遠藤がW杯予選の雰囲気の中でどこまで出来るかを見極めたい意味もあるのだろう。

後半40分、絶好の位置でファウルを貰い、本田が蹴るがこれはGKのセービングにあう。壁を超えたまでは良かったが、そこに集中しすぎたか、やや低い位置にボールが飛んでしまい、結果的にGKが止めやすいボールになってしまった。

その直後、いきなりアフガニスタンのサポーターが乱入する騒ぎが起きるが、警備員(軍隊?)が止めに入り、事なきを得た。

その後はスコアが動くこともなく、そのまま6-0で終了。暫定ながら日本はこのグループで2位に浮上した。

 

やりにくい試合。

正直いって、6-0というスコアは及第点といったところだろう。シリアがアフガニスタン相手に6-0で勝っていることを考えると、日本はもっと点を取っておかなくてはいけない試合だったかもしれない。

だが、今日の試合は日本の選手たちも色々な意味でやりにくい試合だと感じたのではないか。

まず、審判の判定が非常に不安定で、その不安定さに助けられた面もあるが、いくつかのプレーではなんでファウルを取られたのかサッパリわからないという場面もかなり見られた。

そして、最大の問題は試合の開催時間だ。

この試合、現地時間で16時キックオフだったようだが、あきらかにそれは日本のTVを意識したキックオフ時間である。

まだイランは昼間は暑いらしいのだが、TVの都合でキックオフが微妙に暑い時間帯になるというのは、日本にしてみれば決して有利な話とはいえない。

たしかに、日本でのTV視聴率を考えたら、この位の時間が妥協できるギリギリの時間なんだろうとは思うが、W杯予選は失敗の許されない真剣勝負である。こういう、サッカー以外のことでなにか余計な因子を持ち込まないで欲しいと切に願う。