Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

妻に半裸族はハードルが高すぎた件。

妻が手に入れたiPhone6s。

自分がiPhone4を2010年に買って5年。我が家はすっかりiPhoneユーザーになってしまった。自分だけでなく、妻や自分の母親、さらには妻の母親までiPhone にしたのだ。

きっかけは子供が生まれたことだった。

iPhoneには「共有フォトストリーム」という機能があり、例えば自分が子供の写真を撮って、その写真を共有フォトストリームにアップロードすると、瞬時に参加しているメンバーのiPhoneにプッシュされる。これがとても便利で、一族郎党iPhoneになってしまったというわけだ。

妻は、自分の次の年にガラケーからiPhoneに鞍替えした。ということは何が起こるのかというと、毎年自分か妻のどちらかが必ず新しいiPhoneを手にするということになる。その結果が、下記の写真だ。

f:id:potatostudio:20150930133924j:plain

そんなこんなで、今年は妻がiPhoneを買う番だった。

今年のiPhone6sは、新しいカラーが追加された。それが、AppleWatchでも採用されたローズゴールドだ。

事前に情報が漏れていたし、AppleWatchの色合いから大体の姿は予想できたが、実際に届いたiPhone6sのローズゴールドを見てみると、想像通りの上品な色合いで、これは女子ウケしそうだな〜と思わせる色だった。

f:id:potatostudio:20150930134208j:plain

女子が持つのは勿論、ピンクピンクしていないので、男性が持っていてもそれ程違和感は感じられないと思う。なかなかいい感じのカラーリングだ。

 

何で保護するか。それが問題だ。

さて、世の中のiPhoneユーザーの殆どの人が、iPhoneを何らかの手段で保護しているものと思われる。大抵の場合は、ケースとフィルムだろう。

だが、前年のiPhone6から、Appleはディスプレイに曲面ガラスを採用した。今までのように平面ではなく、端が緩やかなカーブを描いているのだ。これがフィルム選びを困難なものにした。

自分も最初はフィルムを買って貼っていた。だが、iPhone6が出た当時は曲面部分までを保護してくれるフィルムが存在せず、画面の全てをカバーすることは出来なかった。しかも、そのフィルムとケースの隙間にホコリが溜まって非常に汚くなった。これが自分には許せなかった。

色々な情報を集めた結果、たとえ曲面フィルムが出たとしても、かなり貼るのは難しいだろうという結論に自分は達した。そして、自分はその時以来iPhone半裸族として過ごすことを決意したのだ。

※下記エントリ参照

potatostudio.hatenablog.com

だが、妻は半裸で過ごす事は事実上無理だった。なぜなら、殆どの場合iPhoneをバッグの中に入れているからだ。そのバッグの中には財布や鍵など色々なものが入っていて、移動の際にはiPhoneの画面がそれらの物とこすれ合う。いくら丈夫なガラスだとはいえ、流石にこの使い方で半裸族になる勇気は出なかったようだ。

幸いにも、iPhone6と6sではサイズに殆ど違いがない。つまり、多くのiPhone6用のケースやフィルムがiPhone6sでも使用できるのだ。

今まで何度もiPhoneを買い、自らピッタリ貼ってきたという妻の自負もあり、この曲面フィルムも何とか出来ると思っていたようだ。近くの電気屋さんから曲面フィルムを買ってきて、その夜さっそく貼ってみることにした。

だが、曲面フィルム貼りの難易度は妻の、そして自分の予想を遥かに超えていた。そこかしこに気泡ができ、ホコリが入り、ピシっと貼ることが出来ない。1時間近くに及ぶ悪戦苦闘の結果、妻は無条件降伏した。

 

そうだ、プロにやってもらおう。

フィルムが貼れないからといって、半裸で過ごす訳にはいかない。仕方なく、次の日に別の電気屋さんに行くことにした。その電気屋さんは、有料だがフィルム貼り付けサービスをやっているのだ。

プロがやるのだからどれでもいいと思って、色々フィルムを物色したものの、残念ながら我が町のような田舎ではそれ程多くのフィルムを手に入れることは出来ない。大抵、エレコムとかレイアウトとかのフィルムしか売っていないのだ。

結局、前の日に買ったのと同じフィルムに決め、それを貼ってもらうことにした。「10分〜15分くらいお待ち下さい」 と言われたので、お店の中で商品を見て回ることした。

ちょうど9ヶ月を迎えた子供も連れて来ていたので、子供のオモチャでも見ていようかと思い、三人で色々話をしながら待っていた。そして、15分くらい経ったので作業現場をチラ見してみると、まだフィルム貼りをしているようだ。

仕方ないので、今度は家電製品を見て待っていることにした。正直いって、今すぐ必要なものは特に無いので、時間を潰すのが大変だったが、それでも15分くらいは何とか潰せた。だが、まだフィルム貼りは終わっていないようだ。作業ブースにさっき妻のiPhoneを受け取った人が前かがみで作業している。

そこからは、時間を潰すのが大変だった。特になにも欲しいものがないのだが、パソコン売り場やカメラ売り場などを歩きまわり、また再びおもちゃ売り場に戻ってきてしまった。

そして、合算1時間くらい経ったところで、ブースから人影が消えているのを確認出来たのでレジの方に行ってみると、フィルム貼りの人は妻のiPhone片手に困ったような顔をしていた。

「残念ながら、私の技量ではお金を取るレベルでこのフィルムを貼ることは出来ません」

これが最終回答だった。

半裸で過ごすか、あるいは何か他の簡単なフィルムでお茶を濁すか迫られた妻は、結局別の曲面フィルムではない平面のフィルムを貼って貰い、それで一応納得したようだった。

正直いって、こんなに曲面フィルム貼りが難しいとは思ってもみなかった。お金を取ってやっているサービスでも無理なこのフィルム、完璧に貼っている人は相当の腕の持ち主だろう。

尊敬します、そんな人。

いるのか…?

広告を非表示にする