読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

長友なんて大したことない。

f:id:potatostudio:20151109112936j:plain

愛媛から全国へ。

長友なんて大したことない。

愛媛県に生まれ、元競輪選手やラグビー選手を生んだ系譜の家で育ち、小学生の時に愛媛FCのセレクションを受けるも不合格に終わる。

中学は西条市立北中学校に進み、当時「荒れていた」同中学のサッカー部の連中に流される形で、髪を金髪に染め、ゲームセンターに入り浸る。

だが、その年に赴任してきたサッカー部の監督井上博が、長友の後を追ってゲームセンターまでおしかけ、涙を流しながら説教をして、親身になって長友を指導した。

井上監督が、部活を引退した3年生を集めて駅伝チームを作り、部員を毎日毎日走らせ続け、そのあまりに厳しい練習メニューから倒れる者が続出するなか、最後まで走り抜いたのが長友だった。

高校はその名を知らぬ者のない強豪校、東福岡高校に進学。今とは違うボランチでレギュラー入りを果たすも、ナショナルトレセンどころか地区トレセンにも選ばれることはなかった。

明治大学には、スポーツ推薦が貰えず一般推薦で入学した。監督の神川明彦の先見の明により、右サイドバックにコンバートされる。フィジカルと走力に優れた長友の才能を買ってのコンバートだった。

だが、長友は攻撃をしたかったので、「サイドバックではなくサイドハーフにして欲しい」と監督に直訴する。監督は「うん。わかった」と承諾したのだが、結局その次の試合でも長友は右サイドバックとして使われる。しかも、実質的に2軍リーグである「インディペンデンスリーグ」に落とされてしまう。この一件が長友にサイドバックとしてやっていく事を決意させる。

そして、長友は以前にも患った椎間板ヘルニアを再発。長期の療養を余儀なくされる。体が思うように動かせず、サッカーが出来ないストレスで長友の心は荒み、パチンコなどに明け暮れた。だが、周囲の人々の温かい心や叱咤激励の甲斐があり、道を踏み外さずに済んだ。

明治大学サッカー部の応援団として、太鼓をひたすら叩き続ける毎日。どういうわけか長友の太鼓は周囲に好評だった。2012年の東日本大震災復興支援チャリティーマッチ「東北ドリームス×JAPANスターズ」では、その見事な腕を披露している。

www.youtube.com

そして、2006年にようやく怪我から復帰。リハビリ中に体幹を鍛えてフィジカルを向上させたことにより、急激に頭角を現す。

神川監督は、この長友の能力に感嘆し、当時U-23日本代表のコーチを務めていた江尻篤彦に連絡。「今の日本代表に必要なものを持っている選手がいる。騙されたと思って一度見に来てもらいたい」と打診し、ここで長友は人生で初めて日本代表クラスのスカウティングの目に晒されることになる。

 

日本代表への道。

2007年には明治大学がFC東京との練習試合を行い、ここでのプレーがFC東京関係者の目を引く。2ヶ月後にはFC東京の特別指定選手として登録され、そのさらに2ヶ月後にナビスコカップの横浜Fマリノス戦で公式戦デビューを果たす。

2007年6月6日の対マレーシア戦では、北京オリンピックを目指すU-22代表にも選出された。日本の最終予選への進出が既に決まっており、実質的なセカンドチームで臨んでいたためだ。だが、その試合で長友は先制点となるダイビングヘッドを決めるなど、大活躍する。

翌2008年には大学に籍をおいたままFC東京と正式に契約を交わし、開幕戦から先発出場を果たす。当時のFC東京監督の城福浩は、長友を主に左サイドバックとして起用する。

プロサッカー選手となったわずか2ヶ月後には、当時日本代表監督だった岡田武史の目にとまり、日本代表へと選出される。

北京オリンピックでは、長友をはじめとして、本田圭佑(既にVVV所属)、香川真司、岡崎慎司、内田篤人、吉田麻也など後に欧州へと渡ることになる選手たちをずらりと揃えた陣容だったにも関わらず、3戦全敗に終わる。

2009年には、土斐崎浩一フィジカルコーチとともに陸上の短距離の基本走法を元に、フォームを改造。スタミナだけでなく、スピードにも磨きをかける。

城福監督は、長友のユーティリティ性にも注目し、時にサイドバックではなく、サイドハーフとして起用することもあった。大学時代に自分が希望していたポジションだった事もあり、長友はこの起用法に柔軟に対応、FC東京のナビスコカップ優勝に大きく貢献する。

2010年南アフリカW杯では、無尽蔵のスタミナと爆発的な走力で、サミュエル・エトーやディルク・カイト、デニス・ロンメダールなど、対戦国のキーマンをことごとくシャットアウト。エースキラーとして日本のベスト16入りに多大な貢献をする。ネット上では「長友佑都被害者の会」が話題を集める。

W杯での活躍が評価され、イタリアのセリエAに昇格したチェゼーナへのレンタル移籍が決定。移籍セレモニーでは「世界一のサイドバックになって戻ってくる」とサポーターの前で誓う。

 

イ ン テ ル 長 友

チェゼーナの監督は、現在FC東京で指揮を執るマッシモ・フィッカデンティであった。フィッカデンティは長友を高く評価し、開幕戦からすべての試合で先発起用し、長友はそれに応えてフル出場し続けた。

2011年1月。新たに就任したアルベルト・ザッケローニに率いられた日本代表は、アジアカップを劇的な試合の連続で勝ち上がっていく。決勝のオーストラリア戦は延長戦までもつれ込む激戦となったが、長友のクロスから李忠成のスーパーボレーが決まり、史上最多4回目のアジアカップ優勝という記録を打ち立てる。

その僅か2日後の1月31日。冬の欧州移籍市場最終日に、チェゼーナは長友の契約をFC東京からのレンタル移籍から完全移籍に切り替える。そして、移籍期限の締め切り3時間前になり、長友がミラノに向かっているとの情報が流れる。

果たしてその情報は本当であった。

当時インテルの監督だったレオナルドは、ジーコの通訳を務めた鈴木國弘氏に連絡を取り、長友に獲得の意思を伝えた。鈴木氏の「とにかく何も考えなくていいから車に乗ってくれ」との言葉を受け、長友はミラノへ向かった。

そして、期限ギリギリに各種書類の申請が無事に終わり、インテルはダビデ・サントンをチェゼーナへとレンタルで放出する代わりに、長友を半年のレンタル契約で獲得した。

当時のインテルは、ラファエル・ベニテスが成績不振で解任された後で、非常に不安定な状態ではあった。だが、それでも世界に冠たるビッグクラブの一つであるインテルに日本人が加入することは衝撃的な出来事だった。

インテル移籍後、元ルーマニア代表のクリスティアン・キブなどとのポジション争いに勝利してレギュラーの座を勝ち取り、翌シーズンにはチェゼーナからの完全移籍を果たす。

インテルでは、チームメイトのウェズレイ・スナイデルやアントニオ・カッサーノなどと親しくなり、チームに溶け込む。さらに、当時のインテルのキャプテンでもあったハビエル・サネッティを慕い、長友がゴールした後は、あのサネッティがお辞儀パフォーマンスを一緒にやってくれるなど、愛されキャラとして名を馳せる。

度重なる監督の交代を経験し、その度にベンチに座る日々がやってくるのだが、何故かポジション争いの相手が怪我をしたりして出場できない時に、得点やアシストなどの結果を出し、常にレギュラーの座を射止めてきた。

2013-2014シーズンのミラノダービーでは、エステバン・カンビアッソが選手交代でベンチに退く際に、キャプテンマークを託される。伝統のミラノダービーで長友はついにキャプテンを任されるまでになった。

今シーズン、ロベルト・マンチーニが監督に復帰したインテルは、堅実なサッカーを見せて上位にいる。だが、マンチーニの選んだスターティングメンバーに長友はいなかった。

昨シーズン、故障で長期離脱したこともありポジションを実質的に失っていた長友は、イタリア国内外から興味を示されていた。ジェノア、サンプドリア、ガラタサライ、レスター、レバンテ…

実際、長友は当初マンチーニの構想外だった。マンチーニがフロントに提出した放出選手リストには長友の名前が入っていたと、まことしやかに言われている。だが、シャルダン・シャチリ、マテオ・コバチッチ、エルナネスなどの放出でファイナンシャル・フェアプレーの要件を満たしたインテルは、長友を放出するのをやめた。

そして、迎えた2015-2016シーズンのセリエA第11節。首位を走るローマとの大一番に長友は先発起用される。ここで長友はモハメド・サラー、ジェルビーニョなどの強力アタッカー陣を見事に抑え、インテルもガリー・メデルのゴールを守りきり勝利する。

第12節のトリノ戦でも長友は先発出場。前半31分に何故かFKのキッカーを任された長友は、狙ったのかどうかはわからないが、ペナルティボックス前にいたパラシオめがけてボールを蹴る。パラシオが逸らしたボールはゴール前に飛び込んでいたジョフレイ・コンドグビアに押し込まれ、先制ゴールとなる。

長友は対峙したブルーノ・ペレスに仕事をさせずに完ぺきに抑え、キャプテンのマウロ・イカルディが交代した際には、キャプテンマークを再びその腕に巻き、今シーズン7度目の「ウノゼロ」の勝利に貢献した。

どんなに逆境に追い込まれても決して腐らず、常に模範的なプロフェッショナルとして練習に打ち込む。

何度も何度もライバルが目の前に現れてはポジションを奪われかけるが、ここぞという時に活躍し、時の指揮官の信頼を勝ち取り続ける。

無尽蔵のスタミナと、飽くなき向上心を備え、自らが愛したチーム、インテルで戦い続ける日本のダイナモ。

そんなどこにでもいるジョカトーレ。

それが長友佑都。