読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

年賀状に子供の写真を入れるべきか否か。それが問題だ。

f:id:potatostudio:20151113212656j:plain

お正月の風物詩。

さて、今年も残り2ヶ月を切った。

日本人なら、毎年この時期になるとだんだん考えなければならないものがある。そう、年賀状だ。

現在の年賀状と呼ばれる形式のものが定着したのは、戦後の1949年だと言われている。この年に、お年玉付き年賀はがきが発売されて大ヒットし、1961年には消印も今と同じように最初から印刷されて、1968年の郵便番号制度導入に伴い、今に至る年賀状と全く同じスタイルが完成した。

元々、年賀状は元日に投函し、「1月1日」の消印を押してもらったはがきを送るのが目的だった(年賀の挨拶や書簡はもっと古くからあった)。だが、その「元日消印」を狙ってはがきを出す人がやたら多くなり、その時期の他の郵便物の配達に支障が出るほどだった。

そこで郵便局が「年末の一定期間までに投函すれば元日消印を押しますよ」として始まったのが、年賀はがきの特別取り扱いだった。現在、12月25日までに投函すれば元日に配達するというシステムになっているのは、こういう背景があったからだ。

古くから行事として存在したとはいえ、現在我々が知るような「年賀状」のスタイルが完成したのは、実はわりと最近の事だったのである。

 

子供が生まれました!

年賀状の絵面は色々なパターンがあるが、自分の歳になるとやはり多いのが「家族揃って写っている写真」や、「子供の写真」を印刷したものだ。

自分が子供の頃は、そういうはがきを簡単に作れる仕組みが無かったので、自分で書くか、印刷所に頼むかだった。プリントゴッコはあったけど、みんなが持っていたわけではなかった。芋バンはダサいから使いたくなかった。

ちなみに、自分は大学を卒業するまでは全て手書きで年賀状を書いていた。裏面は勿論イラストである。しかも、出す人に合わせて全ての年賀状のイラストを変えていた。例えば友達がその年にはまっていたものなどのイラストを描いていたのだ。今にして思えばよくそんな事が出来ていたなと思う。なにしろ、すべての年賀状を書き終えるのに1ヶ月近くかけていたのだ。

就職してPCとプリンタを買ってからは、年賀状は全て自分で印刷するようになった。一度そういう楽な手段を覚えてしまうと、もう時間をかけて絵を描くなどという事はやめてしまった。まあ、仕事が忙しくて描いている暇がないという理由もあったのだが。ブラック会社だったし。

それはさておき、昨年は喪中だったこともあり、年賀状のことは考えなくて良かったのだが、今年は違う。しかも、子供も産まれたのだ。そうなると、どうしても悩まざるをえない。そう、子供の写真を入れるべきか否か、だ。

実際問題どうなんだろうか。

正直に言ってしまうと、個人的には別に子供が産まれたからといって年賀状に写真を入れなければならないとは思わない。産まれた時に「子供が生まれましたはがき」は送っているし、なにより「お前の子供の顔なんて別に見たくないしうぜえ」と思う人も少なからずいると思ってしまうからだ。

だが、世の中には「子供産まれたって言ってたわりには年賀状に写真も入れてよこさないのかぷんすか」って人もいるかもしれない。むしろ、自分の交友関係なんだからお前自分で考えろよと思われるかもしれないが、コミュニケーションがあまり得意でない自分には、一人で結論を出すのはなかなか難しいのだ。

anond.hatelabo.jp

実際こんな話題が出て、ネタかも知れないが不快だと言っている人も一定数いたりするわけだし。

 

人に合わせて出すってのもアリじゃね?

一番確実というか安全な方法は、昔のように相手に合わせて印刷するデザインを変えることだ。

例えば親戚には子供のニッコニコ写真をデカデカと印刷し、遠方にいる既婚の友達には自分がいまどんな感じなのかがわかる写真を入れたり、独身や子供のいない友達には当り障りのないイラスト等で済ます…などだ。

PCで印刷するようになって以来、実はデザインは全て統一してきた。単に面倒だったからだ。とても昔は全部違う絵を描いて送っていたとは自分でも思えない。お前いったいどうやってたんだ。

実のところ、自分の手間と受け取る側の反応を天秤にかけると、やっぱり子供の写真を入れずに、今までどおり当り障りのないイラストを印刷して送るというのが最適解のような気がする。

子供が産まれて、自分はとても幸せで、毎日見ていても全く飽きが来ない。この歓びを年賀状に載せて届けたいという気持ちはもちろんある。だが、「だからなに?」という人がいるのも事実だろうし、むしろ子供が嫌いな人も世の中にはいるのだ。なにより、そういう人に合わせて、年賀状を印刷する手間を増やすのが面倒くさい。

「グダグダ言ってないで自分の好きなようにしろよ」という意見もあるかもしれないが、自分は小心者なのでそういう事が気になって仕方ない。メールやSNSと違って、年賀状は返事が返ってくるわけでもなく一方通行だし。

んー。

どうすればいいんだろう。

教えて!エロいエライ人!