読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

ひとりで勝手に鳴るピアノがこわおもしろい。

f:id:potatostudio:20151126171653j:plain

恐怖。ひとりで鳴るピアノ。

昔のゲーム機は、基本的に鳴らせる音の数が少なかった。表現力にも限界があった。いわゆるピコピコ音というやつである。

自分は、昔はこのピコピコ音がそんなに好きではなかった。

ゲームに対する期待のようなものがあって、「ゲームがメジャーになるためには、もっと重厚な音が鳴らせるようにならないとダメだ」と、勝手に思っていた。

だから、FM音源やサンプリング音源でゴージャスになっていくゲーム音楽の進化が嬉しかったし、サントラCDなんかもバンバン買った。

その後、ゲーム音楽は生音がそのまま鳴らせるようになり、もう映画音楽と区別がつかない程の立派なものになった。

だが、今になって当時のピコピコ音を聞いてみると、それはそれで味があって良い。

歳を取ったからなのか、それとも最近8bitサウンドが見なおされて、色々なところで使われているからなのか、とにかく、今あらためて自分のiTunesとかに入っている昔の矩形波とかPSGとか波形メモリ音源とかで鳴っている音楽を聞いてみると、なかなかに良いのである。

で、その頃の音数が限られているサウンドは、わりとピアノと相性がいい。ピコピコした感じとピアノの音が似ているからなのか、とにかく雰囲気があっていていいのだ。

そんな「昔のゲームの音楽を弾いてみた」的な動画が、ニコニコ動画をはじめとする動画サイトによく上げられているのだが、自分はそんな中でもピアノの自動演奏を利用した「ピアノに演奏させてみた」シリーズが好きだったりする。

今ではもう更新されなくなってしまったのが残念だが、定期的に聞きたくなってしまうので、自分のマイリストに登録してある。

 

ドルアーガの塔

1984年にナムコよりアーケードでリリースされたゲーム。

各階に隠された宝箱の出し方がまったくのノーヒントであり、しかも「ある座標をレバーを下にいれて通過」とか「数秒間レバーをいずれかの方向に入れっぱなしにする」など、いまだったら理不尽ゲーと切り捨てられそうなものもあったが、当時ゲーセンに置いてあったコミュニケーションノートなどを通じて逆に話題になった。

この動画では、コイン投入音から始まる数々の名曲が演奏されている。

作曲者である小沢純子氏が、ナムコ入社後初の仕事として張り切って作ったにもかかわらず、「こんな長い曲はゲームで使えない」と言われたが、遠藤雅伸氏が「だったら俺がこの曲を使えるゲームを作ってやる」といって、最終的に採用されることになるエンディング曲は、なんだかこみ上げてくるものがある。

 

源平討魔伝

自分の青春の1ページを彩ったゲーム。ナムコが1986年にリリースした名作和風アクションゲームである。

作曲は後に「超絶倫人ベラボーマン」や「暴れん坊天狗」などを手掛ける中潟憲雄氏。今でもこのゲームのBGMは太鼓の達人などで利用されており、源平討魔伝を知らなくても音楽だけは知っているという人もいるかもしれない。

このゲームは語りたいことが多すぎるので、以前に書いたエントリを貼っておこう。とにかくやりまくった。懐かしい。

potatostudio.hatenablog.com

 

アトランチスの謎

アトランティスではない。「アトランチス」である。

ファミコンの歴史に燦然と輝くクソゲー扱いされることの多い本作であるが、わりとBGMは良い。とくに、動画中盤から始まる洞窟面の音楽は、テンポが早い上にメロディーが格好良くて好きである。

どうでもいいが、このゲームがクソゲーとして語り継がれてしまっているのは、操作性の悪さ、理不尽な難易度、全100面とやたら長いという負の要素の為だ。そして、タイトルの「アトランチスの謎」は何が謎だったのかまるで明かされないままゲームは終わる(むしろ続く)。いわゆる投げっぱなしジャーマンである。

 

グラディウス

1985年にコナミが世に放ったシューティングゲーム界に燦然と輝く金字塔。

グラディウスも語りたい事が多すぎるので、過去記事を貼っておこう。

potatostudio.hatenablog.com

この動画では「モーニングミュージック」から始まる。モーニングミュージックとは、当時グラディウスに使われたシステム基盤「バブルシステム」が起動するまでの間流れる音楽だ。この曲は大変印象的で、ファンの間での人気も高い。この曲を聞きたいが為にゲーセンに朝イチで駆けつける人がいたくらいだ。

東野美紀がコナミでバイトしていた時代に作ったとは思えない名曲(モーニングミュージックは別人の手によるもの)の数々。あの波形メモリ音源特有のキンキンした感じの音がピアノにマッチしていて実に良い。

 

R-TYPE  

アイレムが1987年に産み落としたシューティングゲーム界の革命児。

ゲームシステムもグラフィックスも当時のゲーム業界に与えたインパクトは計り知れない。このゲームも思い入れが強すぎるので、過去エントリを参照されたし。

potatostudio.hatenablog.com

ハッキリ言うと、この動画を紹介したいが為にこのエントリを書いたようなものだ。それくらいこの動画の演奏は素晴らしい。

石崎正人氏の手によるオリジナルのアーケード版は、殆どパーカッションが使われておらず、当時の音源とピアノの相性は抜群である。タイトル→コイン投入音→ステージ開始のイントロ→1面BGMに入る流れは背筋がゾクッとするほど格好いい。

そして、なんといってもR-TYPEを象徴する音楽はあのボス曲である。この動画では終盤に持ってきているが、その演出も実にニクイ。どうしても全部聞いている暇がないという人は、10分37秒までシークバーを移動させて、このボス曲だけでも聞いて欲しい。漏らしそうになるくらい格好いいので。

 

そんなわけで、ピアノが勝手にゲーム曲を演奏する動画を紹介するだけの駄エントリでした。

おしまい。