読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

0.95歳児ながら違いのわかる女。

子育て
幼女だって好みがある。

ウチの娘も今月末で1歳になる。

最初の頃はなにをやってもノーリアクションだったのだが、最近ではだいぶビビッドな反応を見せてくれるようになった。

笑顔だけでなく、「キャッキャッ」と嬉しそうな声を上げて、体全体を使って歓びを表現してくれる。見ているだけでとても楽しいし、幸せだ。

そんな娘にも、いくつか好みがある(ように見える)。本当に好きなものだと、どれを渡してもご機嫌なのであるが、それ程でもないとわりとすぐに飽きて興味を示さなくなる。そこにある差が親視点ではまったくわからないのだが、とにかく何かしらの序列があるように見て取れる。

今回は、そんな他の人にはどうでもいい娘のお好みのアイテムをバババッと羅列してみようと思う。

 

1.ガラガラ。

f:id:potatostudio:20151207174802j:plain

娘が生まれた時に親戚から貰ったガラガラ。

産まれてすぐに使っていたこともあり、わりとこれはお気に入りだ。だが、執着はそれ程でもないみたいで、ちょっといじっているとポイッと捨ててしまう。

その捨てっぷりが半端ではない。もう気に入らないとなると自分の後ろに向かって「ぶん投げる」勢いで吹っ飛ばす。動画で撮ると残像が出るレベル。正直、ここに動画をアップしたいくらいの絵面なのだが、流石にそれははばかられるので出来ない。残念である。

 

2.おしり拭き。

おしり拭きである。どこにでも売っているグーンのおしり拭き。

グーン 肌にやさしいおしりふき 詰替用 70枚×12個 (840枚)

グーン 肌にやさしいおしりふき 詰替用 70枚×12個 (840枚)

 

「どこにでも売っている」と言ったな、アレは嘘だ。

どういうわけか知らないが、会津若松にはこのおしり拭きは売っていても、専用ケースは売っていなかったのだ。

f:id:potatostudio:20151207175256j:plain

上記の写真のケース、非常に可愛いのでどうしても手に入れたかったが、何故かどの店に行ってもこれだけが売っていなかった。偶然、あるドラッグストアに行った時に、たったひとつだけ売っていたのを確保したのだ。

娘はわりとこれがお気に入りで、これにかじりつき、ぶん回す。時に蓋を開け、なかのおしり拭きを取り出そうとする。赤ちゃんがこういうティッシュ的なものを引っ張りだすのが大好きと聞いてはいたが、本当に楽しそうにニコニコ顔で取り出している。出来れば楽しませてあげたいが、こっちも困るのである程度でシャットアウトしている。

 

3.リモコン。

 f:id:potatostudio:20151207180100j:image

赤ちゃんはリモコンが大好きである。遠くにいても一目散に向かってきて、ニッコニコ顔でいじり倒す。というか、むしろ食べる。

リモコンはいつも使っている。だからこそ気がつかないが、わりと汚い。埃にまみれているし、まずリモコンの掃除なんて普通はしない。菌も沢山付いているだろう。だが、偽物のオモチャリモコンを与えてもあまり長持ちしない。

f:id:potatostudio:20151213162834j:plain

ベビラボ アンパンマン ごきげんメロディーリモコン

ベビラボ アンパンマン ごきげんメロディーリモコン

 

娘はホンモノが好きなのだ。なんだか末恐ろしい。

 

4.絵本。

f:id:potatostudio:20151213162948j:plain

絵本もお気に入りのアイテムの一つだ。

とはいえ、読み聞かせや絵本を見るのが好きなのではなく、主に「めくること」が好きのようで、読み聞かせをしてもすぐに次のページや前のページに自分でめくってしまう。そのパタッっとするのが面白いらしくて、パタパタしながら「キャッキャッ」とはしゃいでいる。そのうち、本を読むことの面白さを教えてあげたい。

いっしょにあそぼ ぶんぶんきいろ

いっしょにあそぼ ぶんぶんきいろ

 

 

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

 

 

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

 

 

  

5.ペットボトル。

f:id:potatostudio:20151213170720j:plain

ペットボトルである。

中身を飲んでしまった空のペットボトルは、娘の格好のおもちゃになる。噛み付いても壊れないし、乱暴に扱っても問題ない。また、「カラカラ」と気持ちいい音が鳴るので、娘も楽しそうにぶん回している。

しかも、毎日1本は必ず空のペットボトルが生まれるので、常に新鮮で清潔なオモチャとして与えることが出来る。蓋を飲み込んでしまわないようにきっちり閉めておけば、ペットボトルは最高のおもちゃだ。コロコロ転がっていくのを見ているのも楽しいらしい。

ペプシストロング ゼロ 500ml×24本

ペプシストロング ゼロ 500ml×24本

 

 

 

6.洗濯バサミ。

f:id:potatostudio:20151213172855j:plain

何の変哲もない洗濯バサミ。

保育園の連絡帳に「今日は洗濯バサミで遊びました」とよく書いてあったので、試しにウチでも与えてみた。すると、結構手慣れた手つきで遊びはじめた。

服やよだれかけに外しやすい程度に挟んであげると、それをもぎ取るようにパチっと外して遊ぶ。というか食べる。f:id:potatostudio:20151213224919j:image

こんな感じで2リットルのペットボトルを切って、その中に洗濯バサミを入れてあげたら、娘は嬉しそうにぶちまけていた。ぶちまけるのがお気に入りのようだ。そういえば、おもちゃ箱も一旦全部ぶちまけてからお気に入りのおもちゃを選ぶ。

まだ口が小さいので洗濯バサミ自体を飲み込んでしまう事はできない。そうなるまではこうやって遊ばせるのもいい。さすが保育園は子供の扱いに慣れているので、色々な遊びを知っているなと関心した。

 

7.スマートフォン。

f:id:potatostudio:20150424230852j:plain

娘はスマートフォンが好きのようで、遠くにあっても一直線に向かってくる。テーブルの上に置いてあるものの優先順位の一番上にあるようで、まず自分か妻のスマホめがけて直進してくる。

しかも、画面が点いているのと点いてないのとでは、点いている方がお気に入りである。恐ろしいことにスワイプしようとしてくる。

偽物のスマホのオモチャを与えても、すぐに飽きてしまう。

f:id:potatostudio:20151213172333j:plain

おでかけスマートホン パールピンク No.3441

おでかけスマートホン パールピンク No.3441

 

やはりホンモノが好きなのだ。

日本小児科学会のウェブサイトには「スマホに子守をさせないで」というPDFがあるが、むしろウチの娘はスマホに向かって突進してくる。子守どころか目の敵にしているんじゃないかというレベルだ。勿論、手にした次の瞬間には口に入れようとする。iPhoneの防水対応が待たれるところだ。

 

そんな感じで、ウチの娘のお気に入りのオモチャを羅列してみた。

やはりどうせならホンモノがいいとこの歳でもわかっているっぽいところが凄いと思う。赤ちゃんだからと適当に遊ばせておこうと思っても、そうはいかない。赤ちゃんでも違いはわかるのだ。ホンモノ志向。なんか怖い。

この先、もっと自分の意思というか自我が目覚めれば、可愛いぬいぐるみとかがお気に入りになるかもしれない。少しずつ買い与えていって、娘の成長を見守りたい。

あ、そういえばパパもオモチャの一つくらいにしか思ってない可能性も(略