読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

2016年。はやく(真)にんげんになりたい。

f:id:potatostudio:20151230101148j:plain

あけましておめでとうございます。

昨年は、ブログを初めて数日で年が明けたこともあり、新年の挨拶もへったくれも無かったのだが、今年はさすがにそれなりに読者数も増えたので、日本人らしく新年の挨拶と、今年の抱負のようなものを書き綴っていこうと思う。

ふと振り返ってみると、2015年は本当に色々な事が起きた年だった。

娘が産まれて(生まれたのは2014年の年末だが)生活リズムが変わり、自分の体調も思わしくないため業務が変更になり、それでもメンタル面での改善が見られないため4ヶ月休職し、年末には道路で滑って転んで肘の骨にヒビが入った。

こうして見ると、順調だったのってこのブログくらいなもんで、私生活はボロボロだったなぁとあらためて思う。

だが、それでもブログを1年ちょっと続けたことで、新しい交流が生まれた。ちょっとコミュ障気味な面がある自分にしてみれば、これは大変な事件だ。まあ、ネットというフィルターを通しているからまだ平気という気もしないでもないが、ひょっとしたら今年はその中の誰かとお会いすることになるかもしれない。ドキドキ…

そんなこんなで、元旦らしく、今年の抱負を述べていこうと思う。

 

 

抱負を実現できる人はわずか8%ですって。

ぶしつけだが、新年の抱負を実現できる人は全体のわずか8%なんだそうだ。

Why 92% of New Year's Resolutions Fail (And How to Make Sure Yours Don't) - Health Room

自分の生き方の指標の一つとして、「出来ないことは言わない」というものがある。到底達成不可能な目標は掲げないのだ。だって出来ないもの。なので、自分は大きなゴールを定めてそこに突っ走るのではなく、小さなチェックポイントをいくつも設定して、それを一つ一つクリアしていく。

例えば、自分の仕事はデータ分析なのだが、「何時までにここまで終わらせる」という細かい目標を立てて、なるべくそれをクリア出来るように仕事をすすめている。だから、常に時計は見ている。5分おきくらいに時計を確認して、作業の進捗具合と照らしあわせて、随時上方、下方修正をしていくのだ。そうやって、1日トータルで仕事が終わっていれば目標達成としている。

なので、仕事中に「え、もうこんな時間か!」という事はまず無い。時計を見るのが癖になっているので、時間がいつの間にか過ぎていたなどという事はありえないのだ。

人生においてもそんな感じで目標を定めて生きている。

仕事も遊びも人生設計も、自分はそういう中長期的な目標に細かいチェックポイントを設け、それを一つ一つクリアすることで小さな達成感を味わっているのだ。

勿論、「そんなやり方では甘い。大成しない」という意見もあるだろう。だが、自分はそこまで大物だと思っていない。なにか人より突出した才能を持っていると自覚していれば、もっとその可能性を信じて突き進んだかもしれないが、残念ながら自分はそういう才能など無い一般人だ。モブである。

だが、モブはモブなりに存在する価値がある。世の中、世界をその手で動かすヒーローだけで成り立っているのではないのだ。世界を動かすのは1人では不可能だ。スティーブ・ジョブズだって、1人では世界を変えられなかった。彼のビジョンを現実にしてくれる仲間、そして、それを世に出すために地味な作業をしてくれる一般従業員がいたからこそ、MacやiPhone、iPadを発明することが出来たのだ。

自分は、世界の先頭に立って引っ張っていくタイプの人間ではない。だが、世界を動かすこと、変えることに微力ながら参加している。生きていくというのはそういうことだと思う。

 

 

2016年は真人間になるぞ!

で、抱負である。

まず、直近の、しかも重大な目標として掲げなければならないのは、真人間になるという事だ。つまり、職場に復帰して、普通に仕事をして、家族の為にお金を稼げるようにならないといけない。

「そんなの普通だろ」と思う人もいるかもしれない。だが、自分にとっていま一番大事なのは、その「普通」を取り戻すことが最優先事項なのだ。なにしろ、人生で120日も連続で休んだのは初めてなのだから。それでも、周囲の多大な協力があって、どうにかメンタル的にはだいぶ回復した。その矢先にすっ転んで肘を負傷したので、予定通り復帰できるかは会社と要相談なのだが…

次の抱負は、娘に「ぱぱぁ」と呼ばれることである。

「おいそれも普通じゃねーか!」と思われるかもしれないが、現在ウチの家庭内カーストは「ママ 8:パパ2」くらいの割合なのである。ママとパパ両方がいる状態だとまず間違いなくママの方に突進していく。しかも「まぁんまぁ…」という鬨の声付きで。

「パパ」と言ってくれそうな雰囲気は今のところ無い。「ばぶばぶ」が変化して「ぱぱぁ」になるかもしれないが、むしろ「ばぁば」の方が先なのではないかと危惧している。よくお金くれるし、現金なウチの娘はばぁばになびくかもしれない。

とにかく、今年は昨年以上に娘とスキンシップをして、はやく「ぱぁぱ」と呼ばれたい。そんで「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁいまぱぁぱっていったぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」と140文字いっぱい使ってTwitterにつぶやきたい。

そんな他愛もない2016年にしたい。

そんな小さな幸せで満足です。

そんなわけで、今年もよろしくお願い致します。