読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

とある社畜の復帰初日(リスタート)。

雑記

f:id:potatostudio:20160112180855j:plain

真人間の朝は早い。

寝ている時のベッドの振動を感知して、ちょうどいいタイミングで起こしてくれるアプリが6時20分に鳴動する。正直眠い。ちょうどよくない気がしてならない。

いままでなら、布団に入ったまま更新されているブログを読んだり、目に付いたニュースにブコメをつけている時間帯だが、今日からは違う。頭をシャッキリさせる為に布団からログアウトしなければならない。

リビングに来ると、妻と娘がキャッキャウフフしていた。とはいえ、妻も朝は忙しい。本当は自分が何か手伝えればいいのだが、肘の骨にヒビが入っている状態では出来る事は少ない。

思ったより胃の調子が悪い。普段なら朝食にフルグラを食べるところだが、この感じだと逆に気持ち悪くなる未来しか見えなかったので、何も食べずに体を休める。

少し頭がハッキリしてきたところで、妻と娘が出掛けて行く。力無い仕草で見送ったあと、右肘と手首と左膝に湿布を貼り、痛み止めと精神安定剤を飲む。

ラムダッシュで髭を剃り、服を着替える。今日は帰りに耳鼻科に寄る予定なのでお薬手帳を持っていく。思ったより蓄膿症の治りが悪い。それと、会社での諸手続きに使う書類も忘れずに。

今の自分が出来る数少ない家事、プラごみとペットボトルを捨てる作業をし、いざ出社。住んでいるアパートの前の道は小学生の通学路になっているため、この時間は沢山の子供たちが歩いている。久しぶりに見る光景だ。

会社に着いて、更衣室から事務所まで500メートル程歩く。元々現場の人間だったので、更衣室が事務所から遠い。でも、デスクワークは運動する機会がないので、これもいいエクササイズだと思っている。

事務所に着き、上司に顔を見せる。元々、土曜日に撮ったレントゲンの結果如何によっては、ギブスの装着を余儀なくされる可能性もあった。そうなれば、もうしばらく休まなければならない。だが、幸いにして患部は悪化していなかったので、その旨を報告し、自分の席へと向かう。

その間、会う人会う人に「生きとったんかワレ!」的なことを言われる。自分でも生きて戻ってこられた事に安堵しながらPCの電源をオンにする。4ヶ月ぶりに火が入った会社用PCは、なんだか重苦しそうな音を立てて起動した。

あまりにもブランクがあるせいで、BIOSパスワードを3回間違えて「ピー!!!」という爆音を鳴らしてしまった。その後、パスワードを思い出し、事なきを得る。

だが、その後に立ち上がった画面には「権限の期限切れが云々…」という警告メッセージ。試しにOutlookを起動してみたが、やはりメールが取得できない。そりゃこの4ヶ月セキュリティチェックもやってないんだから仕方ないよなと思い、システム担当に連絡、パスワードを更新する。

そしてあらためて届いていたメールを確認すると、2300件以上あった。もっとあるかと思っていたが、自分が休んでいる間にメーリングリストの更新があったようで、余計なメールは届かないようになっていた。逆に言うと、この2300件は見なければならない。「重要度高」のメールがやたら多い。ホントに重要なメールなのか疑わしい物もかなりある。

シマンテックのエンドポイントプロテクションも古いままなので、さっさと更新する。わお、64件も更新ファイルがある。長い。CPU使用率が100%に張り付き、ファンを全開でぶん回す。

そんなことをしているうちに、朝の会議の時間になった。3連休の後なので議題は多い。正直ウチの会社の会議はあまり効率的ではない。ダラダラと時間が過ぎていき、終わった頃には3時間が経っていた。もうお昼じゃないか。

お昼休みに休憩室に行くと、またもや「生きとったんかワレ」と言われる。だが、その人はわさび味のおせんべいをくれた。美味しい。どうでもいいが、米菓子にワサビ味つけようって考えた奴はいったい誰なんだよ。いいぞ、もっとやれ。

午後、大量のメールを尻目に、傷病手当金の手続きをする。いつもはぶっきらぼうな態度で、ちょっと苦手なタイプの総務のおばさんお姉さんが「あら〜、お久しぶり! 大変でしたねぇ。その腕はなに? え? ヒビが入った? 災難でしたねぇ。お大事に」と、なんだかとても優しい。逆に怖い。

組合のお見舞金の手続きもしなければならないので、窓口のある建屋まで800メートルほど移動する。以前は事務所の近くにも食堂と組合事務所があったのだが、一度会社更生法を申請し、大量のリストラがあった時に閉鎖されてしまった。まあ、運動だと思えばそんなに馬鹿遠い距離ではないのだが、途中の渡り廊下は空調が無いので寒い。

一通り手続きを終え、デスクに戻る。またメールを千切っては投げ千切っては投げするだけの簡単なお仕事を再開する。この4ヶ月、色々とあったようだ。てか、社長すら変わっていた。マジか。

その後、システム担当から現場でノートPCが不足しているとの事で、自分のPCがデスクトップにリプレースされると言われた。このノートPCのキーボードはキータッチが最悪でとても使いにくかったので渡りに船だ。できればメカキーにしてもらえないだろうか。まあ、無理ですよね。

ひとつ思っていたよりキツかったのは、マウスオペレーションが想定以上に肘と手首に負担をかける点だ。普段は家でMacをいじっているが、トラックパッドしか使わないのでわからなかった。自分の仕事の8割はマウスオペレーションなので、これはシンドい。

そんなことをしているうちに定時のチャイムがなった。まだ見切れていないメールは500件ある。まあいい、時間はたくさんある。続きは明日にしよう。これからいくらでも社畜れるのだ。

帰りに耳鼻科に寄ろうと思ったら診察券を忘れた事に気がついた。

しかたない、明日も定時で帰ろう。