読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

セブンイレブンのドーナツがなんかリニューアルされて美味しくなったぞ!

食レポ
売れなかったから?リニューアル。

先日、セブンイレブンのドーナツが全面リニューアルされた。どうやら、当初の販売目標に対して未達だったためテコ入れするとのこと。

allabout.co.jp

上記の記事からちょっと引用すると…

セブンカフェドーナツの全国発売を発表した当初は年間6億個の販売目標をぶち上げたものの、ここ1年の販売は4億個程度に落ち着いた模様。販売実績としてはまずまずながら当初の高い目標に比べれば未達感が否めず、今回販売のテコ入れを行うために、新たな原材料や製法で製品を刷新し、爆発的に売上を伸ばしたいという思いを込めて全面的なリニューアルに着手したというわけです。

という事らしい。

正直言うと、日本企業にありがちな「ちょっと背伸びした目標を最初に立てる」っていうアホらしい落とし穴に自分で落ちだだけのような気もするが、こういう報道がなされると印象が悪いので「セブンイレブンのドーナツは失敗した」みたいに受け取られるだろう。

だが、普通に考えて「年間4億個」って凄い実績である。だって、ミスタードーナツは推定年間販売個数が約5.5億個なんだから。ドーナツ専門店の8割に迫る販売実績って半端ないと思う。

まあ、実際にミスドと比べて味に見劣りがあったのは否めない。むしろ専門店で焼き上げる揚げるのと、コンビニのレジ横で売られるセントラルキッチン方式のドーナツの味が拮抗している方が問題だ。差がついて当たり前である。それを価格帯でお得に見せていたのがセブンのドーナツだった。リニューアル後はやや値上げ傾向だが、それでもミスドと比べるとまだ2〜30円安い。十分競争力はある。

※初出時「焼き上げる」としていたところを一部修正しました。

では、値段はともかく味はどうなったのかということで、いくつか買ってきて食べてみた。

 

ツイストドーナツ(メープル風味)

f:id:potatostudio:20160125140515j:image

まずは、以前には無かった(はず)の「ツイストドーナツ」。

もっちりめの生地にシュガーがたっぷりかかっている。メープル風味となっているけど、どっちかというとシナモンの存在感のほうがある。でも、見た目ほど甘くなくてわりと美味しい。

今回リニューアルされた商品の中でも、価格帯は下から2番めに位置する。シナモンの味が苦手な人でなければ食べてみたほうがいいだろう。ただ、当然の事ながらシュガーパウダーがこぼれるので注意が必要だ。

価格及び栄養成分は下記の通り。

f:id:potatostudio:20160125141128j:plain

 

 

チョコ&ナッツドーナツ

f:id:potatostudio:20160125140449j:image 

f:id:potatostudio:20160125140459j:plain

これも前回には無かった新商品。

リニューアル前のセブンドーナツの一番の不満点は、生地の密度だった。素晴らしくスカスカだったのだ。だが、今回のリニューアルでそれがとても改善された。このチョコ&ナッツはその恩恵をかなり受けた商品だといえる。

しっとりした密度の高い生地に、かなりしっかりとしたチョコのコーティングがされており、さらにナッツが散りばめられていていい感じのアクセントになっている。これはかなりいい。美味しい。

ナッツが剥がれやすく、ポロポロ落ちるのが難点ではあるが、こういうドーナツにそういう文句をいうのは筋が違う気がする。見た目で気づけ案件である。

価格帯と栄養成分は以下のとおり。これで130円なら積極的にリピートしたい。

f:id:potatostudio:20160125141550j:plain

 

 

カスタークリームドーナツ 

f:id:potatostudio:20160125140530j:image

f:id:potatostudio:20160125140538j:image

なんで「カスタード」じゃなくて「カスター」なのか気になるところだが、企画会議で色々あったんだろう。千葉麗子が「チバレイ」だったみたいに、一文字略すところになにか重大な意味が込められているのかもしれない。

リニューアル前のセブンドーナツで一番美味しかった(というより積極的に食べる気になった)のが、この系統のホイップドーナツだった。だが、あれもわりと生地の密度が薄く、「まあ110円だからね。仕方ないね」的な感じで食べていた。

生まれ変わったカスタードーナツは、密度が増した生地が美味しくなった。カスタードクリームは甘さ控えめで、飲み物が無い状態で食べてもちょうどいいレベル。もうちょっとバニラが効いててもいい気がするが、メインをはるわけでもないと思うので、このくらいがいいのかも。コーヒー飲まないからわからないけど、あま〜いのとそこそこの奴はどっちが合うんだろう? これはそこそこである。

価格帯と栄養成分は以下のとおり。安定感がある。

f:id:potatostudio:20160125143032j:plain

 

全体的に美味しくなったセブンドーナツ。

と、とりあえず目についた3つを買ってきて食べてみたのだが、共通して言えるのは生地の質がとても向上して、「これならばリピートしてもいいかな」といえるレベルにまでなったことだ。

リニューアル前のセブンドーナツの食レポエントリを以前に書いたが、その時の感想は「この価格帯だし、それ相応の味だよね」というものだった。 

potatostudio.hatenablog.com

だが、今回のリニューアルで、セブンドーナツはかなり味の改善、とくに生地のしっとり感が大幅に向上しており、専門店並とは言わないものの、正直コンビニのレジ横にあるオマケの域は脱した感がある。

リニューアル前のドーナツが年間4億個売っていたのは、戦略的な価格帯の恩恵もあるのだろうが、ちょっとだけ値上げしたとはいえ、今回それ以上に味が良くなっているので、目標の6億個はともかく(リニューアル時のブーストも含めて)少し勢いは出るかもしれない。

実を言うと、「旧セブンドーナツのオールドファッションはガチガチでボソボソで不味い」と聞いていたので、食べたことがなかった。だが、今回食べた3つは味、価格ともに満足の行くものだったので、今度オールドファッションやきなこドーナツなんかの最低価格帯のものも食べてみようと思っている。

今度のセブンドーナツは案外馬鹿にできない。

ミスドはどう出てくるかな〜

 

【関連記事】

ローソン編も書きました。

potatostudio.hatenablog.com