Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

とある偉大なサイトの死。

別れは突然やってくる。

時々読ませてもらっていたサイトやブログの更新頻度が落ち、まったく音沙汰がなくなるととても寂しくなる。

そんな中でも、たまに「生存報告」だけはしてくれるところがあった。そのまま放置状態になって、「この広告は1ヶ月以上更新のないサイトに表示されています」的な広告が表示されるようになっても、いつかは復活するのだろうと気長に待つことも出来た。

先日久しぶりにあるサイトを訪れてみた。もう年単位で更新がされていないサイトだ。RSSに登録しているから、とくに進展があったわけではないことはわかっている。だが、そのサイトはとても好きで、時々古い記事を読み返したくなるのだ。

ブックマークからサイト名をクリックして出てきた画面はこれだった。

f:id:potatostudio:20160218084803j:plain

あ、あれ…

終わってる…?

 

 

昨年の夏にはもう終わっていたらしい。

このサイトは「GAME LIFE」という名前のサイトだった。

主にPCゲームを中心に、ニュースや攻略情報などを載せていたのだが、自分がいちばん見ていたのはレビュー記事だった。

レビューというものは難しい。

たとえばドラクエを初めて遊んだ時に「なんて画期的なゲームなんだ!」と思ったとしよう。それは堀井雄二の発明であるかのように見える。だが、その前にコンピュータRPGの祖としての「ウルティマ」や「ウィザードリィ」があり、「ローグ」があり、そしてそもそものRPGの元祖のTRPGがあり、すべての元になった「指輪物語」がある。それらを知っているかどうかでレビューに出てくる深みは変わってくる。

このGAME LIFEというサイトは、知識量が半端ではなく、レビューにもとても深みがあった。単にそのゲームを紹介するだけではなくて、同ジャンルの別のゲームとの比較や、このゲームは何が秀でていて、そして駄目なところは何なのか、こうすればもっと面白くなったのではないか、戦略性に深みが出たのではないか…などという考察がとても深いレベルでなされていた。

このブログでも時々ゲームのレビューを書いているが、実はかなりこの「GAME LIFE」のレビューに影響を受けている。そもそも、ネットでゲームのレビューを書きたいと思ったのも、このサイトがきっかけなのだ。最初はmixiのレビューコーナーみたいなやつに書いていた。

「GAME LIFE」の最後の更新はかなり前の事だった。私的な報告で「仕事が忙しくなるからサイト運営どころではない」的な内容だった。なので、RSSに更新情報が引っかかるか、時々昔のレビュー記事を読みたくなった時に訪れる程度になっていた。たしか「このまま閉鎖するわけではないので安心して欲しい」とも書かれていたので、本当に安心して、更新が再開されるのを待っていた。

そして、ふと先日また過去のレビュー記事が読みたくなったので訪れてみたら、いつの間にか閉鎖されていたのだ。どうやら2015年の7月にはもう見られない状態だったらしい。

 

 

備忘録としてのインターネット。

自分がこのブログを始めたのは、健康状態に不安を覚え、さらに娘が生まれたという事で人生の節目を迎えた気がしていたので、これから起こるであろういろいろな事を備忘録的に記録する為でもあった。インターネットは人類の集合知であり、一度記されたものは故意に削除でもしないかぎり永遠に残ると錯覚していた。

でも、よくよく考えたらそんなはずはない。

はてなブログという場で書いている限り、はてなという企業になにかがあって、事業を継続できなくなり、はてなブログ・ダイアリーがすべて消失するという事態も絶対に起こりえないとは限らないのだ。まあ、そうなる可能性はとても低いとは思うけど。

今回、もうとっくに消えてなくなっていた「GAME LIFE」という偉大なサイトの死を目の当たりにして、ふと「世の中永遠に続くものなんてものはないんだなぁ」と思い知らされた。

と同時に、「GAME LIFE」の管理人さんが、万が一にも健康を害してたりしないことを祈りたい。そして、いつか余裕ができたらまたあの素晴らしい切れ味のレビューを何処かで見せてもらいたいと願わずにはいられない。

さようなら「GAME LIFE」。

インターネットがあなたを忘れたとしても、自分は決してあの素晴らしいサイトがあったことを忘れはしない。

たとえもう二度と見られないのだとしても、出会えたことを嬉しく思う。

「GAME LIFE」には及ばないが、ゲームのレビューを書き続けよう。

「GAME LIFE」に心動かされた一人として。