読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

アニメを見ないオタクはこの先生きのこることができるのか。

f:id:potatostudio:20160327135100j:plain
オタクだって色いろある。

自分はオタクであると自覚はしている。

オタクと言っても色々な種類があって、自分はどちらかと言うとゲームオタク&サッカーオタクである。

大学に入るまでは、むしろアニメオタクだった。

毎月出るアニメ雑誌はニュータイプを買っていたし、好きなアニメは録画して何度も見ていた。気に入った作品はOVAを買ったりもしていた。

ゲームもやってはいたし、ゲーメストなどの雑誌も買ってはいたが、ゲームと言ってもゲーセンが中心で、ハードはいろいろな事情で中学生時代までしか持っておらず、オタク花盛りの高校時代に家ではゲームができなかった。てなわけで、高校卒業までは、なんというか「濃度」で言えばアニメのほうが濃かったように思う。

でも、大学に入ってバイトをするようになると、自分で使えるお金が少し増えた。これが分岐点となって、ゲームオタクに急速に傾いていった。この頃まじめに見ていたアニメはカウボーイビバップ辺りが最後だったと思う。

 

ゲーム漬けの毎日。

大学の時はとにかくゲームを買った。どのくらい買っていたかというと、年間50本は買っていた。週イチペースである。当然積みゲーになる。が、そんな事は歯牙にもかけない。オタクだからだ。しかも質より量。やるかどうかは関係ない。手に入れるかどうかが重要なのだ。オタクだからだ。

で、オタクにありがちな話として、ゲームを語り始める。曰く「最近のゲームは底が浅い。最後までやろうと思える作品が少ない。昔のほうがひとつの作品に時間をかけてプレイしていた」そりゃ、お前が毎週ゲーム買ってるからだ。

これだけゲームを買っているので、当然他のことをやる時間は減っていく。ちょうど世の中ではJリーグが開幕し、日本にサッカーブームも訪れていた。今では信じられないことだが、毎試合レギュラーシーズンのナイトゲームの中継があった。それまで田舎に住んでいたため、地上波でサッカーの試合を見る環境が殆ど無かっただけに、食い入るように見ていた。

高校生まであれだけ見ていたアニメは、視聴時間が極端に減った。買う雑誌も月イチのニュータイプではなく、週イチのファミ通に変わっていた。周りにそれほど濃いアニメオタクの友だちがいなかったこともあり、話についていけなくなるという事態にも陥らなかった。こうして、どんどんアニメオタクからゲーム、サッカーオタクに傾倒していった。

 

オタク社会人はキッツー。

だが、社会人になると、とてもそんなペースではゲームが買えなくなった。

大学生の頃は「あー、時間ないわー。ゲームやる暇もないわー」とか思っていたのだが、社会人になるともっと時間がなかった。というより、学生時代は時間なんて山ほどあったということを思い知った。単にやれもしないゲームを買いすぎていただけだったのだ。

結婚する頃には、なるべく今やっているゲームをクリアしてから次のゲームを買うようにした。が、結局Wii、PS3、Xbox360、ニンテンドー3DS、PSVita、そしてPS4と、今でもハードは目白押しで、たまに積みゲーも出てしまう。とはいえ、奥さんもゲームをする人(しかもPCでCivilizationとかを嗜む)なので、夫婦でうまいことハードをシェアしながら楽しんでいる。ゲームの嗜好は合っているようで合わないので、同じゲームをプレイすることは殆ど無いけど。

よく、友達と話をすると「◯◯ってアニメ見てる?」と聞かれる。「見てない」というと、「えー、また一般人ぶっちゃって〜」とか言われるんだが、そもそも「オタクだからアニメは見てないと」みたいな風潮があるのはちょっと理解できない。

自分はオタクである。

だが、アニメじゃない。ゲームとサッカーなのだ。なんども説明しているのになぜか理解されない。

オタクはアニメを見ないといけないんだろうか?

教えてエロい人!