読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

君は、子供がクリスティアーノ・ロナウドと入れ替わっちゃうこの動画を見たか。

サッカー

gaming.youtube.com

6月9日に公開された上記の動画だが、なかなか面白い。

主人公はイングランドに住むチャーリーという少年とクリスティアーノ・ロナウド。

ある日、イングランドとポルトガルの試合を見に来ていたチャーリーは、クロスを上げた際に勢い余って看板を飛び越えてきたクリスティアーノ・ロナウドと衝突する。両者とも頭部に衝撃を受けて家に帰るが、次に日起きてみるとチャーリーとロナウドが入れ替わっていた…というお話。

f:id:potatostudio:20160615140922p:plain

f:id:potatostudio:20160615141042p:plain

チャーリーになったロナウドは、朝起きてチャーリーの家族に「俺、クリスティアーノ・ロナウドなんだけど…」といって爆笑される。そして、チャーリーのチームの試合に出場して大活躍する。

「おい、あいつあんなこと出来たっけ?」

 

一方、ロナウドと入れ替わったチャーリーは、ロナウドの高級車をぶつけるわ、練習ではリフティングすらまともに出来ないわで散々な目に遭う。

「クリスティアーノ、ふざけてんのか」

それでも、チャーリー・ロナウドはポルトガル語を一生懸命勉強する。トレーニングにも居残りで真面目に取り組み、徐々にスキルを上げていく。元々ロナウドの肉体を持っているからか、高度なプレイも出来るようになっていった。

 

そんな折り、チーム内ですっかり中心選手となったロナウド・チャーリーは、チームメイトの模範になっていた。ロナウド・チャーリーを先頭に団結し、チームは強くなっていく。そして、そんな彼をスカウトが放っておくはずがなかった。

下部リーグからチャンピオンシップ、そしてマンチェスター・シティへの移籍を果たしたロナウド・チャーリー。彼はついにイングランド代表としてピッチに立つ。そして、その相手はチャーリー・ロナウドのいるポルトガル代表だった…

f:id:potatostudio:20160615141231p:plain

f:id:potatostudio:20160615141320p:plain

動画はまだ続くが、内容の紹介はこれくらいにしておこう。5分ちょっとの動画なので、暇な時にでも見てもらいたい。

典型的な入れ替わりものだが、クリスティアーノ・ロナウドのみならず、ハリー・ケインやスターリングやマスチェラーノなどの豪華なメンバーがチョイ役で出ているのはさすがナイキとしか言い様がない。

普通に考えて、少年が代表に選ばれるまで時が止まってるんじゃないのかと突っ込みたくなるような設定だが、まあそこは目をつぶって夢のある話を楽しもうと思ったし、スピード感のある映像は見ていて楽しかった。

こういうPVというか、ショートフィルムみたいなのは時々作られるけど、年を経るごとにどんどん大掛かりになっていくなあと思ってしまう。そういや、こないだのキリンカップで象が主人公のキリンのCMもやってたなぁ。

この動画で、ウェンブリー・スタジアムに入っている観客は合成なのか動員なのかは不明だが、この5分少々の動画を作るのにも結構な手間と予算がかかっているはずだ。

世界の少年たちは、この動画を見て「いいなあ」と憧れることだろう。

夢があるよね、入れ替わりもの。