Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

と、都会のお盆は7月なんだってな。

f:id:potatostudio:20160713132224j:plain

去年は、埼玉に済む従兄弟が一家総出で自分の実家に遊びに来たので、非常に賑やかだった。

従兄弟にも娘がいて、ウチの娘よりひとつ上である。残念ながら去年のお盆にはウチの娘は寝っ転がっていることしか出来なかったので、あんまり一緒に遊ぶという感じにはならなかった。

今年も来るのかな〜とか思っていたら、従兄弟の親戚が亡くなり、今年のお盆はこっちに来られそうにないという話になった。そりゃそうだ、新盆だし当たり前…とか思っていたら、どうやらそういう話ではなく、お墓の土地が見つからないので建てられず、納骨できそうもないから行けないという話らしい。

そうか、都会のほうじゃ新盆とか関係ないのかと思い、まあどの道来られないのなら仕方ないと思っていたら、先日「お墓がなんとかなるかもしれないので行くことになるかもしれない」とかいう事になった。

まあ、実際のところどうなるのかはまだ不透明な状況なので、こちらとしても来るのを前提に準備をすすめるわけには行かないのだが、それでも納骨さえしてしまえばあとは問題なく遠出したりするものなんだとか、都会はドライだなとか思っていたら少し話が違うらしい。

お盆といえば8月と相場が決まっていると思っていたのだが、一部の地域(都会)ではお盆を7月にやってしまって、8月は実家に帰省するというのが一般的だというのだ。そういや、なんかそんなことを以前に聞いたことがある気がする。

一時期東京に住んでいたことがあったが、その頃にはウチにはまだお墓がなく、ブラック企業に勤めていたのでお盆休みなどもなかった。なので、「お盆=自分とは関係ない行事」だったのだ。なので、東京のお盆がどういうものかは全く知らなかった。

そもそも、お墓がなかった子供のころは、親戚付き合いもちょっとわけあって制限していたので、お盆にやることが何もなかった。学生時代は単なる夏休みだったし、就職してからは単なる繁忙期だった。

でも、祖父が亡くなってお墓ができたら、お盆は様変わりした。それまで制限していた親戚付き合いが復活し、祖父が実家を継がずに出てきてしまったことも知った。お盆にはいろいろな人が家に出入りするようになり、お墓参りもちゃんと毎年の予定に組み込まれることになった。

単なる休みだったお盆が、一族を繋げる大切な日になったのだ。

従兄弟が結婚して娘が出来て、その後自分にも娘が生まれた。そうすると自然とお盆には田舎に行こうか的な雰囲気になって、それまでになかった新しい交流が増えた。信じられないことだが、そういうのを面倒だと思っていた自分が、実は今ではそれを楽しみにしていることに気がついたのだ。

なので、今年はその楽しみが無くなったことにちょっと寂しさを覚えていた。だが、今回の急転直下的などんでん返しで、またあの楽しい日々がやってくるのかもしれない。

こうやってその楽しみを享受できるのも、都会のお盆が7月であるおかげにほかならない。正直、新盆なのに家にいずに田舎に行くというのは、なんか受け入れるコチラとしてはちょっと心苦しさを感じないわけでもないのだが、従兄弟側が気にしないというのだから、気にしなくていいのだろう。

どうなるかはまだわからないけど、今年はどこに行こうか。昨年は鶴ケ城に連れて行ったので、今年は飯盛山とか武家屋敷にでも連れて行こうか。プールも買ったので、子供同士で楽しく水浴びでもさせてあげようか。

まあ、まずは本当に従兄弟が来られるのかどうかがわからないとなにも進まないんだけどね。あまり期待を高めずにはっきりするのを待つとしよう。

あ、そろそろお駄賃の価値がわかる頃かな、従姉妹の娘は…?