Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

iPhoneユーザーはすべからくAppleCareに入っておくべきかなと思った話(誤用)

f:id:potatostudio:20160714150403j:plain

7月11日、実家に住む母からiPhoneをトイレで水没させたとの連絡があった。念のため電源は切っておき、乾燥させておいてくれと依頼する。が、連絡があった時点ですでにうんともすんとも言わないらしいので、恐らくもうダメだろうと考えていた。

7月12日、母が何の保証に入っているのか不明(忘れた)なため、ソフトバンクショップへ。身分証明書を見せて保証内容を確認してもらうと、 AppleCareに入っているとの答えが帰ってきた。契約した時にあんしん保証パックかAppleCareのどちらかに入るようにしたと思っていたが、AppleCareだったので一安心。

なぜAppleCareの方が安心したかというと、エクスプレス交換サービスが使えるからだ。

使ったことがない人向けに説明すると、エクスプレス交換サービスとは、Appleが新しいiPhoneを送ってくれて、玄関先で故障したiPhoneと交換してくれるサービスである。これだと、代替え機によるタイムラグなどもないため、非常に便利だ。実際、訪れたソフトバンクショップの代替え機は出払っており、2、3週間待ちと言われた。

とりあえずAppleのサポートセンターに連絡し、事の顛末を話す。速やかに交換対応ということになり、発送の手続きを取ってもらった。なお、今回はこちら側の過失による全損なので、7800円の料金が取られる。

7月13日、交換端末が届いたと母から連絡があった。正直、次の日に届くと思っていなかったので驚いた。だが、その日はちょっと実家に行くのは難しかったので次の日まで待ってもらった。

7月14日、11時に母から端末受け取る。とりあえずSIMカードが無事かどうか確かめたかったので、カードを挿入し電源オン。「こんにちは」といういつもの初期画面からWi-Fiを設定し、最新のiCloudバックアップを選択する。たしか自動バックアップにしていたと思っていたが、ちゃんとバックアップされていたようだ。

11時10分iCloudバックアップ開始。その際に、左上にSoftBankの表記が出たことを確認。どうやらSIMカードは無事のようだ。その後、TouchIDの設定画面はちょっと飛ばして、諸々の設定をし、11:30分端末復元完了。

母はヘビーユーザーではないので、iCloudのバックアップでアプリやら写真やらメールやらのデータを全て復旧させることが出来た。昔だったら携帯を初期化したら戻すのが大変だったが、今はいい時代になったものだ。

エントリのタイトルで、iPhoneユーザーはすべからく(誤用)AppleCareに入っておくべきと言ってしまったが、iPhone6sから実質値上げになったので、コスパは少々悪くなった。

iPhone6の場合はAppleCareの料金が1万3824円だったのが、6sは1万5984円、破損の場合の金額も7800円から1万1800円に値上げされてしまった。なので、画面破損程度ならば逆に高上りになる。

だが、今回のように全損となると話は違ってきて、AppleCareに入っておいたほうが安上がりになる。というより、新品を送ってくれるんだからお得である。これが、キャリアの保証となると時間もかかるし代替え機の不便さもあるし、色々と面倒くさい。

SoftBankの場合だとあんしん保証パック(i)プラスというサービスがある。月額650円で、修理代金の80%以上を保証するというものだが、正直わかりにくい。2年間使うとして650円×24=15600円がベースの金額となるため、ぶっちゃけAppleCareの方がお得だと思う。

勿論、Appleに電話で連絡したりクレジットカードによるデポジットも要求されるので、ハードルが高いと感じる人もいるかもしれない。ショップの人におまかせ出来るあんしん保証パックの方が気が楽だと感じる人はいるだろう。

なにはともあれ、今回の出来事でなんらかの保証に入っておく事はやはり必要だなと思った。いくら丁寧に取り扱っていても、不測の事態が起きることはあるのだ。たしかに何も起きなければ無駄にお金を払った感があるかもしれないが、保険というのはこういう時のためにあるのだなと、当たり前の事を実感した次第だ。

正規のルートではないお店で修理すればもっと安いのかもしれないが、破損=新品交換となるAppleCareは、状況次第によっては未加入よりも遥かにお得だと言えるだろう。

あれ、すべからく(誤用)入るべきではないのかなw