Yukibou's Hideout on Hatena

自分用備忘録的な何か。

娘の1歳半検診に行って来た。

f:id:potatostudio:20160721211941j:plain

先日、娘の1歳半検診に、妻と娘と3人で行って来た。

会津若松市の1歳半検診は、かつては別の町でいまでは会津若松と合併した北会津の保健センターで行われる。同じく保健センターは、合併した河東町にもあるのだが、会津若松市内にはない。合併前はどうしていたんだろうか? 体育館でやったりしていたのかな?

一応予定では14:00開始ということになっていたが、1時半頃に着いた時にはもう駐車場は満杯で、既に多くの人が検診をしていた。というか、もう終わって帰る人すらいた。実はもっと早くからやっていたんだろうか。

検診は問診から始まった。事前に書いておいた問診表をもとに幾つかの質問をされる。殆ど問題はないのだが、娘はちょっとボキャブラリーの少なさがあり、さらに指しゃぶりがなおらないので、その辺りを心理相談することにした。

問診が終わると歯科検診である。いつもは歯磨きの時もイヤイヤで大変な騒ぎになるのだが、何故か先生の前では素直にアーンと口を開ける娘。思わず先生から「あら、えらいね〜 凄いね〜」と言われてしまった。外面が良いのはわかっていたが、なかなかのやり手である。ちなみに歯は16本生えていた。あと4本生えて20本になるのだという。

その後、オムツ一丁になって身長と体重を測る。相変わらず両方とも成長曲線の上の方だが、まあ横にだけ大きいわけでもないし、そこまで気にしなくてもいいかなと思っている。

さらに内科検診があったのだが、ここで待ち時間が長くなる。なんで裸の子どもたちがやたら待っているのかと思ったら、全員内科検診待ちだったのだ。その日は気温が高くてむしろ裸でちょうどいいくらいだったが、寒い季節なんかはどうしているのだろう。

いつもよりも広い部屋で歩き回れるのが楽しいのか、やたらめったら走り回る娘。それを追いかけている自分はもう汗だらけである。なかなかにハードではあるが、ニコニコ顔で走り回っている娘を見ていると疲れも吹き飛ぶ感じだ。かわいい。

やっと娘の名前が呼ばれて内科検診へ。ここでもアーンと口を開けて愛想よくする娘。ちょっと将来が空恐ろしい。とくに問題は見られずに、歯磨き指導へ。

ここで歯ブラシのプレゼントがあった。本人が磨く用の小さい歯ブラシと、仕上げ磨き用の長い歯ブラシだ。このセット、買おうと思っていたのでちょうどよかった。歯磨きに関しては普段は全然ダメなのだが、むしろ1歳半で大人しく磨かせてくれる方が稀である。なので、ある程度は時間が解決してくれるかなとは思っているが、大人しく我慢できるのが3〜4歳と聞いて結構驚いた。大分先だな〜

最後は希望者のみの心理相談なのだが、番号札2番の割にはなかなか順番が回ってこない。心理相談のブースを見てみると、1番の人がずいぶん長いこと相談しているようだ。

そうこうしているうちに周りの人はどんどん帰っていく。気がついたら自分たちが最後になっていた。どうやら心理相談は2組だけだったようだ。気軽な気持ちで相談を頼んでみたのだが、案外みんな相談しないものなのね。

1番の人がようやく終わって、ウチの番が回ってきた。相談を受けてくれる人はやたらハキハキしたしゃべり方の元気のいいお姉さんだった。

ボキャブラリーの少なさに関しては、一応娘はこっちの言っていること自体はわかっているので、そのうちに爆発する時がやってくるとの事。2歳になった頃にまた連絡が来るので、その時にどうなっているかまた相談しましょうということになった。

指しゃぶりは、それよりもっと好きなものを見つけてあげようというアドバイスを貰った。まあ、指しゃぶりには個人差があって、小学校に上がるまでに治っていればいいという話もあるので、気長に見守ろうと思っている。あまり無理やりやめさせると本人のストレスにもなってしまうので。

そんな感じの成り行きで、ウチの娘が保健センターを去る最後の1人になってしまったので、色々な人に見送られて帰ってきた。

それでも思っていたよりも早く検診が終わったので、会津坂下町まで足を伸ばし、「べこの乳アイス牧場」で「べこの乳ソフトクリーム」を買って食べた。久しぶりに食べたが、相変わらず濃厚なミルクソフトでとても美味しかった。

www.aizu.ne.jp

なお、娘に食べさせるのに夢中で写真は撮り忘れた模様。

次の検診は3歳半検診なので、しばらくの間なにもない。それまでにスクスクと育ってくれることを祈るのみである。

広告を非表示にする